伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 女神の系譜

<<   作成日時 : 2006/10/08 14:33   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像 ギリシア神話が好きで、神々の中でとりわけ好きなのはアテネである。勝手だが私の守護神になっていただいている。(毎日お供え物あげて祈祷してるわけじゃないけど)
アテネは智恵と芸術の女神だが、これに関して最近おもしろい話があった。

 前回帰国した時、日本橋近辺をぶらぶら歩く途中、水天宮神社を通りかかった。境内を一回りし、お守りを売っていたかわいらしい巫女さんに神社の謂れを聞いたら、水天宮は子宝・安産祈願の神社なんだそうだ。
「あんまり関係ないところだなぁ」
 私がそう思ったのを巫女さんだけに読み取ったのか、
「えっと、芸能上達祈願のお守りもあります。こちらです」
 と言って護符を差し出した。芸能ってエンターティメントのことか?ショウビジネスの世界で生きてるわけじゃないしねぇ。でも本当にかわいらしい巫女さんだったので、お賽銭代わりに一つ買いましたよ。300円、いや500円だったっけな。
 護符は女神像、中央辨財天と書かれていた。何と読むのか知らないまま額に入れて、巫女さんに言われたように、部屋の一番高いところに立てたまま月日が過ぎた。
 
画像 こないだチベット人の友達と話していた時、阿弥陀という言葉が彼女に通じた。「ああ、アミタね」と、発音も類似していた。仏教はインドからチベットに伝わっているわけで、だとしたら日本にも共通の神々がいることになる。そういえばうちの中央辨財天も、どこかエキゾチックな衣装だったような...早速調べた。予感が当たってた。辨財天=弁財天(弁天)はもともとインドの神様だそうだ。名をサラスヴァティという。でもって、なんとサラスヴァティは智恵と芸術をつかさどる女神だった。アテネのヒンドゥヴァージョンだ!






画像 チベット人の友達にサラスヴァティはチベットではなにになるのか聞くと、ヤンチェン・マというのがそれだという。アテネのチベット密教ヴァージョンか!
 










画像 さすがに弁天は知っていた。詳しくはないけどあれでしょう、宝船に乗った七名様のお一人で。
 サラスヴァティ〜ヤンチェン・マ〜弁財天、どうやら同じ女神のよう。だが私にとってこれは、シルクロードを逆行してアテネにまで行き着く縁としか思えない。Goddes of Wisdom and Art、符合が一致している。結局、私は弁財天@アテネと一緒にいたのだ。神話的に嬉しい話でした。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
萌音
URL
2014/02/07 09:05
萌音さん、コメントありがとう御座います。
これからも、よろしくお願いします。
カラビ
2014/02/10 03:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女神の系譜 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる