伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 少々恐い道楽

<<   作成日時 : 2008/02/16 12:51   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像
  今年になってから、三味線を習いはじめた。きっかけは去年の秋、長年三味線を弾いているという人に出会い、話がはずんで「もしやる気があるなら、教えてあげるわよ」と言われたことだった。師匠じゃないから、お稽古の謝礼はいらないという。タダと聞いて欲の皮がつっ張った私は「ぜひお願いいたします!」と即答した。折りしもそのひと月後、日本へ帰国することになっていたので、浅草にある三味線屋の場所を教えてもらった。
 浅草寺をお参りした後、仲見世を横に入ったところにある三味線屋へ行くと「ちょうど三日前に、中古の手頃な値のものが入りました」と言われた。なんてラッキー、観音様、ありがとう御座います!
 本当言うと、私の憬れの楽器は琵琶なんである。詳しくは、平家物語を弾き語る平家琵琶というやつ。これはもともと奏者が少ない琵琶の中でも、更に稀少と言われている。そんなものをこのNYで習えるはずもないのだが、漠然と、隠遁したら琵琶を奏でる自分の姿を夢見ている。そのためには、弦に慣れておくに越したことは無い。今、せっかくチャンスが巡ってきたのだから三味線をやっておいて、三十年後は琵琶法師の恰好をして諸国を練り歩いてやる〜、というのが私の魂胆だ。
 だけど三味線をやるにあたって、一つひっかかっていることがあった。昔、エレキギターを欲しかった時期があった。高校に入学する前の春休みにバイトをしたお金で念願のエレキギターを買ったのはいいが、コードは弾けるようにならないわ、アルペジオはもたつくわで、すぐに挫折してしまった。苦い経験である。そのため、自分は弦楽器に向いてない、という否定的観念が心の底にこびりついていた。希望は、西洋楽器と和楽器は違うかも知れない、と思うことだった。
 そんなこんなで恐々三味線をはじめてみたのですが、なんとも面白い!子供の頃、嫌々だがピアノをやっていたお蔭で音が取れる。これは結構助かった。「ピアノの練習はっ!?」と拳骨を振りかざしてきたおっ母さんに、今になって感謝した。ぎこちないけど、本調子の「さくらさくら」は弾けるようになった。目下は「ことぶき」という小唄の曲を習っている。
 高校生の時ギターに挫折した件は、友人から
「いきなりエレキ買う?フツーはフォークギターからでしょ。50ccの免許取る前にナナハン乗ろうとしたようなもんで、そりゃ挫折するよ」
 と言われ、四半世紀に及んだ否定的観念が癒されました。

 三味線の音というのは業を感じる。猫の皮(今はほとんど犬の皮だが)を使っているというのも怨がこもっている気がするし、なにより糸の響きが妙に女くさい。もちろん男の三味線奏者もいるが、あの棹が女性の細首を連想させる。私は女くさいものはあまり好みではなかった。琵琶が好きなのは、音が中性的だからだと思う。
 練習するのは夜になる。こないだなんぞ雨がしめしめ降っていたのもあり、そんな時の三味線の音は、業を超えて霊的ですらある。ましてや中古の三味線、前はどんな人が弾いていて、どんなわけで手放したのだろう、などと... もしかして、えらい道楽をはじめてしまったか、と思わないでもない。ついでにいうと、背筋にぞくっと走ると同時にチャクラに響く気もするのだ。女性性のチャクラに。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
写真の三味線は太棹とか言われるのと違って、一番小型のやつのようですね。たしか三味線は大きさの違いで演奏する音楽も違っていたように思いますが、どんな曲を演奏されるのですか?

私も楽器はギター、チェロ、ピアノと色々手を出してますが、元々音楽好きなせいか、どれもそれなりに楽しんでますし、やればやるほど奥が深いので、はまると楽しいと思いますよ。

私も雅楽や邦楽好きですけど三味線の音に対する印象は、私と違って面白いですね。私は三味線というと津軽三味線のような怨念的なものから、間を生かした小粋で雅な音と様々です。

私の経験からすると楽器は他の人とバンドや合奏するのが一番楽しいと思います。
練習がんばって下さいね。
しー
2008/02/16 22:02
よっ!師匠! 下駄とってくれ〜。。
すごいこと始めましたね〜。下座のお囃子に加わることもできますね
以前、新潟大学?の平家物語を研究している先生が、琵琶も弾くというので聞かせてもらったことがあります。あれ、持ったら意外に重かったのでびっくりしました。

雨がしとしと降る夜に三味線を弾いていると、猫がどこからともなく現れて、「にゃう(似合う)」なんて言うかもしれませんよ。犬の皮じゃダメですか・・ね。
どらく
2008/02/17 01:02
>しーさん
先生曰く、この三味線は中竿の細めのやつだそうです。演奏は小唄から黒田節から、いろいろやっているみたいです。

>楽器は他の人とバンドや合奏するのが一番楽しい
そうかも知れないですね。ピアノはいつも一人で弾いていて、つまらなかったのかも。
まぁ三味線は道楽として、純粋に楽しみでやっていきたいです。
カラビ
2008/02/17 10:38
>どらくさん
>下座のお囃子に加わることもできますね
いやいや、まだはじめたばかりでなんとも。しかし琵琶までの道のりは長そうですわ。

>猫がどこからともなく現れて、「にゃう(似合う)」
ホント、そういうことが起きそうな雰囲気の音です。
琵琶の音も霊的といえばそうですけど、三味線の方は女の幽霊のBGM向きって感じかな。ううっ、こわ!
カラビ
2008/02/17 10:46
あんた、古風な女、いいわね、私も、昨年からずっと思っている習い事を実現できるように頑張るわ。昨日からベルリンはマイナス5よ どうなっているドイツ、、又、会いたいね、、
MASU
2008/02/17 19:29
>MASUちゃん
古風というか、オバさん通り越して“じじい化”しているという感じですわ。
MASUちゃんの習い事ってなんでしょう。興味あるなぁ。
カラビ
2008/02/18 02:12
手話なのよ、将来何か人の為にやっていきたいわ、ショウでも使っていきたいし。なんだか、最近、病気だったり、仕事後はぐったりで、何とかはやくこぎつけるわ、、、報告します。今日から、又、普通の状態にもどってきたわ、ありがたいわ、あんたも元気でね
MASU
2008/02/19 07:13
>手話なのよ、将来何か人の為にやっていきたいわ
いいじゃないですか!世界中で通用できるコミュニケーションだし。
早くはじめられるといいね。
カラビ
2008/02/19 13:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
少々恐い道楽 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる