伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 恩寵の一刻

<<   作成日時 : 2008/08/17 12:09   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
 お盆も過ぎて、NYは朝夕だいぶ涼しくなった。日中も湿度が低く、日差しが琥珀色を帯びて綺麗だ。これから8月の終わりに向かって、私の一番好きな季節になる。今日は素晴らしい天気だったので、庭にテーブルと長椅子を運んで、本を読んだり昼寝をしたりまた本を読んだりして、天からの恩寵を満喫した。読んでいたのは、ピエル・パオロ・パゾリーニ「あることの夢」。

・・・列車は蒸気を吐き散らし、息を切らして身震いしながら、幽霊のように月のない夜空にへばりついているイストリアの山やまのあいだを、右に左に曲がりくねって走っていた。フィウーメとその海は、幻の光のなかに呑みこまれるように、遠く後ろに消えていった。そして、イタリアの地でもなくスラヴの地でもないこの土地を、列車は何の目標もなく、ただひたすら夜の闇にむかってゆくかのように走りぬけていた・・・(米川良夫訳)

 パゾリーニの作品には、瞬時にして別世界へ連れ去られるようなフレーズがある。惨殺死体で発見された彼の衝撃的な死に、A・モラヴィアは「詩人というのは、百年に一人、二人現れるかどうかというもので、パゾリーニはまさにそれなのだ」と言っていた。パゾリーニの詩集は英語対訳付きの"Roman Poems"を持っているが、英語じゃ駄目だ。原語でパゾリーニを読みたくて、イタリア語を習おうかと思ったこともある。とても追いつかないだろうけど。

画像
 テーブルの上は、こんな感じにセットしてみた。夏はやはり、ガラスの器が涼しげでいい。ブルーがかったグラスは先月見つけたものでトルコ製、3つ入り$3ちょっとだった。BGMがアヌーシュカ・シャンカールのシタール演奏だったので、シルクロードめいた雰囲気もちょいとあったかな。今年も過ぎてゆく夏は、惜しみながら楽しみたい。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
庭付きのいい所に住んであるみたいですね。
私はマンションだからうらやましいです。

夏も盛りを過ぎたようですが、まだまだ日本は暑いです。
昨日、秋刀魚を今年初めて食べました。
季節の移り変わりを感じますね。
しー
2008/08/19 18:53
>しーさん
庭と言っても、雑草だらけの空き地ですけどね。たまたま私のアパートだけ直に庭にアクセスできるのでラッキーでした。
秋刀魚は秋の味覚ですね。今日の帰り、ずい分日が短くなったと感じました。
カラビ
2008/08/20 10:38
Berlinも夜はだいぶ涼しくなってきたけど、カラビさんがいた頃よりも、夏期が長くなってきているわよ、昼はまだ、半袖で歩いているけど、ショウウィンド一は秋冬のモ一ドになっているわ。秋は仕事の季節したいわ、この夏はほとんど休暇みたいだってのでね、、お互い残り少ない夏楽しもうね、
Masu
2008/08/21 06:44
>Masuちゃん
Berlinは9月末、NYは10月中旬、東京は11月はじめが一番いい季節ってとこですかね。
そういえば、こないだBerlinerweissのrotにそっくりの飲み物見つけたよ。ベルギー産白ビールにラズベリーシロップが入ってるやつ。ベルリンで夏になるとよく飲んでたから、超懐かしかった〜。
カラビ
2008/08/21 11:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
恩寵の一刻 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる