伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 0への回帰

<<   作成日時 : 2011/04/17 11:10   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像

  一昨日のセントラル・パーク、PILGRIM FATHERS上陸記念像の立つ丘の桜が満開だった。(PILGRIM FATHERSとは、1620年12月21日、イギリスからメイ・フラワー号でアメリカに上陸したピューリタン派の殖民団) 
桜に告白した。最近、一番よくわかっているはずの自分自身のことが、実は一番よくわからないという気がしてます。 いや、考えれば考えるほどわからないです。断言。

 アメリカでも日本でもブレイクした「引き寄せの法則」の中で、欲しいものを宇宙にオーダーするというのがある。宇宙はあなたの波動を受け取り、オーダー通りのものを与えるというものだ。これは確かにそうだと思うが、ただしオーダーするに際して顕在意識と潜在意識が一致していなければならない。ここが「宇宙にオーダー」の簡単ではないところだ。少なくとも私はそう思う。
 まず、普段あれこれ考えている自分というのは、たいてい顕在意識の方である。潜在意識は文字通り意識下に潜った領域だから、「真の自分」という意味では一点の曇りもなくピュアで、だからこそ強力なパワーがある。しかし潜在意識を理解するのは容易ではない。というか、顕在意識から潜在意識を理解しようとするのは不可能だろう。顕在意識にはエゴ(不純物)のバイアスがかかるからだ。そう考えると、今まであれが欲しい、これが欲しいと思っていたものは、本当に真の自分である潜在意識が望んでいるものなのか、それともエゴを通して欲していたものなのか、わからなくなってくる。

 ホ・オポノポノのヒューレン博士がとても面白いことを言っていた。博士によると、「わかろうとしないこと」だそうだ。
 顕在意識は物事を知るようにはつくられていない。知ることができるのは神聖なる存在だけで、顕在意識が自ら知っている、理解しているとしてすべてをストップさせると問題が起こる。顕在意識である自分はウニヒピリ(潜在意識)のケアとクリーニングをすること。思い込みや執着をクリーニングし、手放せば新たなスペースが生まれ、そこにインスピレーションが差し込む。そうすればいつも何をすべきか知ることができる。
(ホ・オポノポノのクリーニングとは、起こったことはすべて記憶の再生と理解し、「ごめんなさい」「ゆるしてね」「ありがとう」「愛してます」の言葉で記憶を消してゆくこと)

 ヒューレン博士
「ホ・オポノポノの概念の中核にあるのは“ゼロ”です。インスピレーションはあなたがゼロのときにだけ与えられます。わたしたち(宇宙)を動かすのは二つのエネルギーだけ、“インスピレーション”か“記憶”か、そのどちらかです。
(中略) 神聖なる存在のもとでのみわたしがわたし、つまり光の状態でいられるのならば、わたしたちはすべての存在の出発点であった無限なるゼロ、無限なる空に立ち戻ることが大切なのです。
(中略) “手放す”とは具体的に言うと、あなたがあなたの執着や感情、期待や思い込みにしがみつくのをやめて、神聖なる存在のなすがままに任せること、あなたの思うとおりの結果を期待しているあいだは手放したことにはなりません」

 正直、私はあれこれ考えるのに疲れましたです。だから、ここらでマインドを全部リセットしたい。ゼロの状態になりたい。インスピレーションを通して生きたい。LOVEは与えて豊かになるものだが、受けとることができているかどうかも同じぐらい大切。あなたは宇宙のLOVEを受けとっていますか?
 この春はピューリタンじゃないが勤勉にクリーニングしよう。欲していたものとまったく違うものが来て、それが真の自分に一番良きものなら、めでたしめでたしだもんな〜

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
カーラビンカさんの中で、BC/ACくらい何かが変わった瞬間が起きたようですね。
きっと益々良くなる方だと感じています。おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。
桜も祝福しているようですね。

我々アーティストは、インスピレーションに身を委ね、宇宙に繋がることを日常的に経験しています。
それって幸福な習慣だったんですね。
\(^-^)/
真奈
2011/04/17 13:43
真奈さん、こんにちは。

>BC/ACくらい何かが変わった瞬間
そうあって欲しいです!
思うとおりの結果を期待すること自体執着なので、無駄に疲れます。宇宙に丸投げして楽になろう

>インスピレーションに身を委ね、宇宙に繋がることを日常的に経験
真奈さんのアクセサリー・デザイナーの才能は、そこから来ているのですね。大いなるものに身を委ねられる人は、真に強い人だと思います。
カラビ
2011/04/17 15:00
カラビさん、ご無沙汰しています。

> 正直、私はあれこれ考えるのに疲れましたです。だから、ここらでマインドを全部リセットしたい。ゼロの状態になりたい。

最近なんとなく思うようになったのは、マインドに向けていた視線を、少し、今の方に向けてあげるだけだと感じています。

そこが、”ゼロ”の場所だと思うのです。
kosumosu
2011/04/17 20:16
kosumosuさん、こんにちは。

>マインドに向けていた視線を、少し、今の方に向けてあげるだけ

そうですね。とかくマインドにはふり回されがちですが、"I am not my mind
"というE.トールの言葉を思い出すようにしています。
本当に“今”に在る時、“今”に在りつづけるなら、恐れも不安も期待も執着もないはずですよね。光だけが通っているゼロの状態というイメージかな。
カラビ
2011/04/18 00:13
お久しぶり、私は仏教的にしか言えないのだけど、お徳を積むにあたって、執着を取り去るってのは可能かとおもうけど、簡単な事ではないわで、日々毎日の修行ではないかしらね。
私のインスピレ一ンがよくあるのは、ゼロの状態ってことかしらね?
Masu
2011/04/19 02:48
>Masuちゃん
>私のインスピレ一ンがよくあるのは、ゼロの状態ってことかしらね?

あ、きっとそうよ。さすが、Masuちゃん!
自分であれこれ考えなくても、自然とインスピレーションが来て導かれる感じなら、ゼロの状態で光が通っているのだと思います。
カラビ
2011/04/19 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
0への回帰 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる