伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS コルネリアの微笑

<<   作成日時 : 2011/07/01 12:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

  ここ数日、直接の知り合いではないが、若くして亡くなった人の話を聞くことが続いていた。日本のニュースでセーラ・ローウェルが亡くなったのを知ったのもその一つだった。癌を患っていたそうだ。享年五十歳。 
 彼女がまだ十代の頃、化粧品のCMに出ていたのを憶えている。母親と「この人、綺麗ねぇ」とうっとりしていた。美しいモデルはたくさんいたけれど、セーラの品のよい甘やかな微笑は見る人を夢見心地にさせるような魅力があった。

 辻 邦生の小説「天草の雅歌」に、コルネリアという日本とポルトガルの混血の女性が登場する。テレビドラマ化されて岩下志麻がコルネリアを演じたようだが、私はこの物語を読んだ時、思い浮かぶコルネリアはセーラによく似ていた。きっと、ほっそりした顔が花開くように微笑むのが重なったのだろう。
 
 セーラ・ローウェルさんの冥福をお祈りいたします。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私と同年代が亡くなってしまうと、なんだか悲しいわ、、
昨年、長年の知り合いも51で亡くなってしまったのよ、、
人間、遅かれ早かれ死を体験するのだけど、その人ともう話せないっておもうと
とても寂しいわ、、だけど、40年後は私もこの世からいないって思うと気が楽ね、
Masu
2011/07/01 17:00
MASUちゃん、こんばんわ。
50代で亡くなるのは、はやり早と思ってしまいますよ。いつ死んでも悔いなく生きたいもんですが、なかなかエゴやら煩悩やら、悟り切れないもんです。
カラビ
2011/07/02 09:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
コルネリアの微笑 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる