伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS Up to Lexington 125

<<   作成日時 : 2011/11/29 12:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

  ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲"I'm waiting for my man" では、ヤクが切れた男がレキシントン・アヴェニューを上ってハーレム125丁目で売人をまっていたが、そのレキシントン・アヴェニューと125丁目交差点の隣、メトロ・ノースの駅プラットホームから朝日を眺めて。古いブラウン・ストーンのビルを照らす橙味の強い陽は、乾いて力強く、そのくせどこか切ない。16年経ったか。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は母になって16年半経ちました。
お互いの16年、全く違った時間であったと想像しますが、
こうやって、今つながっているのが たまらなくうれしいです。

確実に世界は変化して、私達は老化して。
でも、変わらず、美を求め、世界を愛し、生きていくんですよね。
これからも、どうぞよろしく。
にしゆみ
2011/11/30 02:24
にしゆみさん、コメントありがとう御座います。
じゃあ私がNYへ来た頃、上のお子さんが生まれたのですね。それはご縁です
美を求める心、憧れといってもいいけど、それをいつももっていたいよね。
こちらこそ、よろしく!
カラビ
2011/11/30 12:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
Up to Lexington 125 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる