伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS Year of the Dragon

<<   作成日時 : 2012/01/02 07:26   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像

  新年、明けましておめでとう御座います。

 なにかと様々説が飛び交う2012年になりましたね〜。あたしゃ全然気にしてないけど。いや、気にしてないというと嘘になるかな。今年の干支は辰(タツ)、Year of the Dragon はかなりパワフルな年だと思っています。昇るなら思い切って行け〜!という後押しパワーをいつもより期待しているということでは気にしている年かな。

 毎年恒例、ニューヨーク本願寺の初参りにも行ってきた。今年のご住職の初法話は、一休さんの作といわれる句を引いていた。

 門松は 冥土の旅の一里塚 
    めでたくもあり めでたくもなし

 新年早々、一見縁起のよくない句だけど、お正月という大きな節目に、素(す)の自分を見つめてみるのもいいだろうという内容だった。
 確かに、人間誰でも年をとるごとに残りの寿命は少なくなってゆくわけだが、今年もこうして自分の足で健康にお寺へ初参りへ行けたということは、よく考えれば全然当たり前のことじゃないのだ。だって私たちには究極生ているか死んでいるかの二つしかないので、単純に確率でいったら生きている確率というのは2分の1、50%だ。これはかなり身が引き締まる話だよ。サイコロ博打やってること考えて、丁が出たら娑婆に残れるけど半が出たらあの世行きって考えたらどうだい?絶対毎回丁を出す自信ありますか?元気に元旦をお祝いできたのは、ありがたいことです。

画像
 とはいえ欲ってのはなかなかしぶといもので、やっぱりお正月は日本がいいなー、といつも思う。それでもお陰様で今年も日本にいる時と似た感じで新年を迎えられた。あくせくせずほのぼの元日の雰囲気を味わえた。書初めもさせてもらったし、思えばニューヨークへ来た頃、こんな風に新年が迎えられるなんて想像もできなかったもんなぁ。これも本当にありがたいことだ。
 ニューヨーク本願寺にも歴史があって、太平洋戦争中、米国社会の対日感情を考えていろいろ苦心したらしい。そんなことを知らなかった頃も知った後も、金色の灯火にゆらめく花影で、如来像は変わらぬ穏やかな半眼を私達へ向けている。

 
 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。☆喜龍の年 カーラビンカ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
Year of the dragonいい年になるといいですね。
しー
2012/01/02 18:41
>しーさん
明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願いいたします。
みんなで2012年を是非ともいい年にしましょう!
カラビ
2012/01/03 11:02
おめでとうさん。今年もよろしくね。
一休さんの句いいわね、私はおもうのに人生、中道に考えてといっているかもね。
ベルリンの大晦日はあいかわらず、花火とばくちくの嵐でした。
Masu
2012/01/04 05:44
>MASUちゃん
明けましておめでとう御座います。
中道というのは、自分の中心(センター)が定まっている必要があるかもね。今年は自分自身といい関係でいるというのが私のテーマです。
本年もよろしくお願いいたします。
カラビ
2012/01/04 10:16
あけましておめでとうございます。
本年も変わらずよろしくお願いいたします<(_ _)>

わぁ、書初め。
なんだか懐かしくてわくわくしますね〜♪
カーラビンカさんはなんという文字を書かれたのでしょうか?
真奈
2012/01/04 21:56
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

大晦日、テキーラとウォッカで酔っ払って、ヘロヘロして年が明けました。

2日酔いしなかったので、さい先良し!とします。あはは。
にしゆみ
2012/01/05 05:08
>真奈さん
明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願いします!
私の書初めは「喜龍」でした。なんかラーメン屋みたい?

>にしゆみさん
明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願いします!
元旦早々豪快ですねー。私は飲むより食べる方に精を出して、体重が... 燃やせ、脂肪、じゃなくて、燃えよ、ドラゴン!
カラビ
2012/01/05 11:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
Year of the Dragon 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる