伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS Vortexっぽい

<<   作成日時 : 2012/02/07 15:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

  隠岐へ行きたいと思ってぼちぼち調べている。隠岐は四つの島があるが、時間的に行けるのは一つだけだろう。いろいろ考えて西ノ島にした。是非見たいところは四ヵ所、そのうちの一つに焼火(たくひ)神社がある。(写真) なんかスリランカのダンブッラにある石窟寺院みたいだ。すご〜い。ここは観光コースから外れている。自力で行くしかないのかな。アクセスの不便な場所ほど興味が出るものだ。旅行の醍醐味は、地元の情報を集めるところからはじまると私は思っている。
 西ノ島観光協会のWebサイトを見つけたので、Eメールで問い合わせてみた。返事をくれたのは、なんとニュージーランド人Nさんだった。私が在米なので、気を回してくれたのかしら。ナイスな感じの女性、松江に5年、西ノ島に1年住んでいるそうだ。
 Nさんによると、焼火神社へはレンタカーかタクシーで行くしかないようだ。私は運転できないから、タクシーしかない。予定が決まればアレンジしてくれるみたい。その他、ホテルより旅館・民宿派の私のためにいつくか宿を紹介してくれて、そちらもアレンジしてもらえるようだ。その上、早速西ノ島観光パンプレットを送ってくれたという。親切だ〜 Nさんは観光協会スタッフをボランティアでやっているのだろうか。島で何をやっている人なのだろう。
 観光協会のリンク・サイトを見ると、絵画創作をしているアーティスト、ジャズ・ミュージシャン、陶芸家がいたり、みんなかなりのセンスの作品なので意外だった。実は隠岐って隠れVortex(パワー・スポット)かも知れない。こりゃあ一大ハウス・パーティのイベントでも企画すれば、日本海のイビザにできるんじゃないか!? なんて俗なことを考えてしまうが、やはり隠岐は世俗を超越した場所として在るからいいのかな。

(いや、今ふと思ったけど、対馬の土地を韓国企業が買い占めてホテルや観光施設を建てているのに日本側は懸念しているという新聞記事があったが、それこそ政府が観光事業としてシーズン中だけでも世界中からコアなファンが来るようなカッコいい場所にしたら、日本人も目の色変えて乗り出して来るだろう。「今、ロンドン、ニューヨークのパーティ・ピープルの間で注目のスポットはツシマだ!」とか。It would not be a bad idea )

 しばらく、隠岐についてのリサーチは楽しみになりそう。昔から陸づたいより島に惹かれたけど、考えてみればニューヨークはマンハッタンも島、今住んでいるクィーンズもロング・アイランドだ。島国日本人、島好き人間?
    


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に石窟寺院の様ですね。
カーラビンカさんの一時帰国&島根ご訪問が近づいていることを、喜ばしく感じている私です<(_ _)>
隠岐に関する情報ではあまり目立ったお役に立てず、申し訳ありません。
でも、Nさんという素敵なニュージーランダーの方とのご縁が出来たようで良かったです。

そうそう、先日テレビで見たのですが、隠岐って庭付き一戸建ての一年間の家賃が数万円なんだそうですよ。
どの地域だったのか忘れましたが、芸術家さんたちがお住まいでいらゃるという事は、そういう背景があるのかもしれないですね。
私もちょっと、いやかなり心惹かれました〜。
どこででもできる仕事の人間なら、ここはとっても素敵な場所なのかも。
真奈
2012/02/11 10:50
真奈さん、こんにちは。
そうなんです。Nさんはとても親切な方で、お世話になってます。

>庭付き一戸建ての一年間の家賃が数万円
お〜、80年代NYのソーホー地区に広くて安い制作スペースを求めてアーティストが住んでたみたいな感じかな。これだけワイドに情報アクセスができる時代だから、ある部分地理的なものは関係なくなるのかも。Think globally,Act locallyの時代ですかね。

>いやかなり心惹かれました〜。
二人でサマー・ハウス借りましょうか?
カラビ
2012/02/11 14:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
Vortexっぽい 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる