伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 手段と目的、二足の草鞋

<<   作成日時 : 2012/07/29 11:05   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
 
  裏庭菜園のオクラの花が咲いた。噂に聞いてたうすい黄色のとても綺麗な花だ。これも春に日本で種を買ってきたものです。(厳密には密輸ということになるのかな。ハハ) 今日はさやを2個ほど収穫したのだが、今マスター・クレンズのダイエット中につき、あと1週間はレモネード以外摂れないので、さっと茹でて冷凍しておいた。色形のいい五角オクラ、日本のものは見た目も味もいいねぇ。本当に改良の才に長けた民族だわ。

 先日、ネットで興味深い記事を見つけた。昼はIT会社に勤め、夜は創作活動をしているという30代の男性、子供の時からクリエイティヴなことが好きだったが、大学の頃、自分の才能の限界に気づいた。平凡なサラリーマンで仕事をするか、過酷なクリエイティヴ系に賭けるか。彼は両方とった。二足の草鞋というやつだ。

「クリエーターとしては超一流なのに、その場のお金が入らないことで人生を棒に振った人を何人も知っています。その点、会社員としてもうひとつの稼ぎ口があれば、そういう辛酸もなめずに済む」

 うーん、確かに。すごく説得力がある。(若いのにスゴい) アーティスト志願は、食うや食わずでも自分の作品を生み出すべきだ、モディリアニを見ろ、石川啄木を見ろ、あれこそ芸術家の姿だ!とか思いがちなんだよねぇ。そこに賭けなきゃアーティストになれないと思ってしまうのだ。しかし一番大切なのは創作を続けることではないか。会社員やってるとかクリエイティヴで食ってるとか、それは結局手段であって、それこそ金がないために創作できないとなったら本末転倒である。一方、日々の生活に追われ、いつの間にか何が目的で何が手段だったかわからなくなってしまい、自分はクリエイティヴの才能がないんだ、と諦めてしまうというのもよくわかる。

 さらに溜飲を下げたのは、この記事の男性は、会社勤めは生活のためと消極的にやっているのではなく、毎朝の出勤により生活のリズムができ、同僚との会話からアイディアを得ることもあり、エネルギーを得られる、と肯定的にとらえているところだ。別のサイトだったが、ある人が「オフが充実していれば、会社の仕事への不満もなくなる」と言っていたけど、それって本当だと思う。

 今や二足の草鞋を履くのはよくよくあること、というか、二足、三足の草鞋を履かないと生きていくのが難しい時代になってきている気が私はしている。
 創作でも好きな趣味でもいい、自分の一番上段にあるものは何か。それがしっかり見極められていれば、それを可能にする手段も明確に認識できる。こんな時代だからこそ、ブレないで生きたいと思わされる。


http://president.jp/articles/-/5643


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
オクラの花、綺麗ですね。
優しいほのかな風情がたまりません。

二足のわらじに関するお話、とても共感しました。
真奈
2012/07/30 07:34
真奈さん、こんにちは。
オクラは花も実(さや)も楽しめていいです。たくさん花が咲いて欲しいな
「二足の草鞋」に関連したことで真奈さんともお話したことがありましたが、真奈さんはしっかり目的を見極めているのですごいと思いました。こういう記事を読むと、心の整理のよいきっかけになります。
カラビ
2012/07/30 08:10
初めてオクラの花を見ました。
アメリカでオクラを買ったことがありません。(夫の家族はみんな好きじゃないので)
だから、たまに、おかかとオクラと納豆とキムチでぐちゃぐちゃにしたのをあったかいご飯に乗っけて食べたい衝動に駆られます。
お花を見て・・・アオイ科だ〜!と思い。調べたら、やはりそうでした。
今、いろいろと考えがめぐって、珍しく、立ち止まっております。
カーラビンカさんの文章と写真で、ちょっと出口が見えたような・・・
自分の一番上段にあるものは何か。
に、ひっかかって。
きっと、物事はすべからく単純明快なのかもしれないと感じました。
ありがとう。。。
にしゆみ
2012/07/31 09:04
にしゆみさん、コメントありがとう御座います。
オクラはトロロアオイとも言うみたいですね。おかかとの組み合わせがありましたか。美味しそう、ためしてみよっと

立ち止まるのもたまには必要よね。心の整理するため。にしゆみさんの創作する姿はとっても励みになります。ぜひマイペースで続けて下さい。本当に思うけど、ひとと比べたらダメですね。いい事ないですわ。
カラビ
2012/07/31 09:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
手段と目的、二足の草鞋 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる