伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬至 天馳遣

<<   作成日時 : 2013/12/22 15:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

  今日は冬至-winter solitice-、4時にはすでに小暗くなってきたが、気温は高く、ジャケット1枚でも外出できるほどだった。ダウンタウン、ユニオン・スクエアにはクリスマス市(いち)が立っていて、色々な出店が並んでいる。土曜日だったのと暖かいのとで、人がたくさんいた。アクセサリー、洋服、小物グッズ、バッグ、キャンドルなどなど、出店といってもみな小洒落た雰囲気だ。ちょっとしたクリスマスのプレゼントを探していると、ついディスプレイにつられて散財しそうになってしまう。いけませんなー。
 2週間前に一度、この市は見に来ていた。その時、一軒の店の天井から吊るしてある人形が目にとまった。半鳥天女、迦陵频伽(かりょうびんか)である。つまりカーラビンカ。だからってわけじゃないのだけど、なぜか妙に惹かれた。聞いたらバリの民芸品という。値段はまぁ手頃かなというものだった。しかし衝動買いを後で後悔したくなかったから、今度来る時まで残っていたら、縁があったとういうことで買うことにした。で、今日行ってみたらまだあったので買った。

 今、彼女は我が家の空を舞っている。うーむ、わたし的には綺麗な顔だけど、見るひとによっちゃ不気味かも知れない。ちょっと狂気じみているような...。ああ、そう。だから好きなのかも。クロテスクさを秘めた異形の美しさってやつ。あたしゃどういうわけか、昔からそれに惹かれる。

「カーラビンカさん。あなたは冬至の日に私のもとに来た天馳遣(あまはぜづかい)でしょうか」

 今夜は極彩色の夢が見られるかな。願わくば蘭奢侍(らじゃんたい)の香りたちこめるような。久しぶりに、澁澤龍彦「高丘親王航海記」でも読んでみよう。











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬至 天馳遣 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる