伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 三十年の不在

<<   作成日時 : 2016/06/29 20:37   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像

  20年住んだニューヨークを離れ、日本へ帰国して1ヶ月が経った。実家の片付けやら、合宿運転免許コースやら、少しづつだけれど、生活に必要なものを整えている。少なくともあと3ヶ月ぐらいはここにいる予定だ。そのあとはまったく未定。
 群馬との県境に近い埼玉の片田舎の町、ここを出てから三十年以上の時が流れていた。昼間、町中を探索してみると、人通りがない。大丈夫か?ゴーストタウンになっちゃうのでは?
 うちの両親が結婚する時にお参りした八幡神社に足を向けた。土地の者は「八幡様」と呼んでいて、小さい頃、毎日ばあさまと一緒に回る散歩コースだった。鳥居をくぐったところに鎮座する一対の狛犬は、口を開けている方が「あ」、閉じている方が「うん」、阿吽の呼吸とはここから来ていると、ばあさまから教わった。
 神社縁起を読むと、平安末期、源義家が戦勝祈願で社殿を建立したという。へぇぇ、そんなに古くからなんだ。今の社は享保七年(1722年)の再建で、それでも300年近くになる。生まれ育った町であるが、全然知らなかった。

画像




 八幡様から歩いて5分ぐらいのところにある仏寺。ここにはちょっと変わった石の供養塔があった。文永二年(1265年)造立のもので、阿弥陀如来をあらわす梵字が刻まれているとの説明。いや〜、けっこう古いものが残っている町なのだなぁ。感心してしまう。探索するとなかなか面白い。











画像


 この店は町でただ一軒のレコードショップだった。ティーンの頃に好きだったブリティッシュ・ロック、JAPAN、David Bowie、Sex Pistolsのレコードなんかを、この店で買ったものだ。今でもイギリスのユニオンジャック旗が掲げられているのが信じられないほど懐かしい。まさにタイムトリップ!今度、あらためて店に入ってみたいな。






画像

 そういうわが実家も古い家で、帰国大掃除していたら明治時代の本を幾冊か発見した。写真は、明治十二年発行のヨーロッパの都市が図入りで解説されているもの。ベルリンの大聖堂とウンター・デン・リンデン大通りも載っている。他にも北欧、東欧の地方都市なども多々出ていて、実に興味深い。叔母の話では、じいさまの一番上の兄(第一次大戦で戦死)のものらしい。
 私はまさに、この本に書かれている外国に憧れて、一刻も早くこの町から出ることばかり考えていたのだった。三十年の不在、言うまでもなく、私にも得たものがあり、失ったものがある。見過ごし過ぎ去ったもの、もしその切れ端でも出会ったならば、それを拾い、手にとってみるのもいいだろう。




 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お帰りなさいやしw
老中八郎兵衛
2016/07/01 08:16
どうもです〜。
日本は梅雨の晴れ間ですでに30度を超す暑さですが、田舎家は風通しがよく、夜は涼しい風が入ってきます。やはり日本の夏は、蚊取り線香の匂いがいいですね〜。
カラビ
2016/07/01 22:20
カーラビンカさま
ご無沙汰しております。そしてお帰りなさいませ。

David Bowie、Sex Pistols!
なんと懐かしい名前。。
ブリテッシュではありませんが、当時The Runawaysも結構聴いていました。
30年!
私にも30年という時間は確実に凪がれすぎていたのでした。
aosta
2016/07/09 06:58
aostaさん、こんにちは。
無事帰国して、実家の整理やら身辺を整えるのやらぼちぼちやっています。
ブリティッシュは80年代に全盛でしたよね。思い出すと懐かしいです。
カラビ
2016/07/09 08:28
お久しぶりです! お元気でしょうか?
現在は上尾市に住んでいますが、故郷の秋田を出てから16年以上が経過しました。
機会があれば訪問したいと思っています。「16年の不在」はカーラビンカさんに比べたら、
まだひよっこですね(^^);

今、「北の岬」(辻邦生著)を再読しています。最初に読んでから30年が過ぎてしまいました。
当時に比べて、新しい発見があったり違った感想を抱くのは、私の経験や知識の集積が「読み」を
深めているのかもしれません。「30年の不在」が大きな恵みを与えてくれたのです!

カーラビンカさんの故郷に対する印象は、いかがだったのでしょうか?
冷やおろし
2016/10/09 01:02
冷やおろしさん、こんにちは。
実家のある町は、今まで知らなかった(というか気にも留めなかった)発見がいろいろあって面白いです。田舎ライフもいいものかも、と思っています。
私も辻邦生作品を久しぶりに読みたくなりました。「ある生涯の七つの場所」シリーズなど、新鮮な感想が出るかも知れません。
カラビ
2016/10/22 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
三十年の不在 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる