伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶にみちびかれて

<<   作成日時 : 2016/12/17 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

  10月から琵琶を習いはじめた。かなり若い時から興味がある楽器だったが、長年外国で生活していたため、出会う機会はまったくなかった。今年帰国したので、ずっと憧れていた琵琶を習おうと思った。習うにあたり一番の鍵となるのは、やはり通える距離に先生がいるかということだった。
 今の時代はインターネットが発達しているため、昔と違い、先生探しも楽になった。幸い、車で30分ちょっとのところに先生がいた。会ってみるととても人柄の良い方で、後でわかったのは実力も広く認められている先生だった。遠くの県からお稽古に来る人もいるという。私はなんてラッキーなんだろう!


画像

 琵琶はそうそう簡単に手に入るものではないし、安い楽器でもない。「(楽器が)手に入る入らないはタイミングだから」と、しばらく先生から借りていたが、中古のいいものを譲ってもらえることになり、多少修理が必要だったので、人間国宝の琵琶職人の工房、石田琵琶店に頼んだ。出来上がった知らせを受け、今日、先生と一緒に東京虎ノ門へ受け取りに行って来た。
 石田琵琶は桜田通りからちょっと入ったところにある。小さくて古い店構えで、玄関横のショーウィンドには正倉院の螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんごげんのびわ)そっくりの琵琶が飾ってあった。こんなの造っちゃう職人さんなんだ、スゴ〜い!
 




画像 



 石田琵琶のご夫婦、お二人とも気さくな方でした。ご主人は青森弁で、先生と琵琶界の話に花を咲かせていた。














画像
 
 石田さんに修理してもらった琵琶、すごいいい感じ!初心者の私でも違いがわかる。撥を選ぶため先生が一緒に来て下さり、お蔭さまで使い心地のいい撥も手に入った。みなさんに感謝です〜!

 来年の歳徳神(としとくじん)は弁財天だそう。弁財天は琵琶を持つ姿でも描かれる芸能の神さまだ。いろいろなシンクロは天の後押しか?やはり私は日本に帰って来て琵琶を習う縁があったのだな、と、ひとり強く納得している。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
琵琶にも四弦や五弦のものがあるんですね。ちなみに、四弦のそれぞれの弦の音階は、どのようになっているんでしょうか? 昔弾いていたマンド・チェロも4弦(正確には各音階のペアが4組で8弦ですが)で、音階は低い方からC,G,D,Aでした。
老中八郎兵衛
2016/12/21 07:10
老中殿、どうもどうも。
1本から8本まで調子があって、私は今6本でやってるんだけど、それだと、1弦からC,G,C,Dです。

石田琵琶店の息子さん(彼も薩摩琵琶演奏者)は、なんとイカ局のお兄さんと小学校の同級生なんだって。石田さんご夫婦にその話したら、懐かしがってました。(お陰で糸おまけしてもらっちゃった)

今週末はクリスマスですね。老中ファミリーにもメリー・クリスマスを!
カラビ
2016/12/23 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
琵琶にみちびかれて 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる