アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「花草木」のブログ記事

みんなの「花草木」ブログ

タイトル 日 時
彼岸の風景
  秋の彼岸の中日、ふと盆と彼岸の違いはなんなのだろうと思い、調べてみた。簡単に言うと、盆は先祖がこちらにやってくる日、彼岸はあの世とこちらの世界が一番近くなる日で、私達が先祖の元へ出向いて供養をする(つまり墓参り)ということだそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 01:40
ずっと言いたかったことは
  梅雨の晴れ間の陽に照らされた垣根の紫陽花と凌霄花の落花の色合いは、昔も今も変わらない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/13 19:39
あるじなしとて
 もう花は散ってしまったが、今年は川沿いの千本桜を見に行くことができた。しずかに散る花の下でお弁当を食べる人など、この時期ならではののどかな風景です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/20 15:36
もうひとつの花見
         昨日、花曇りの高崎城址の掘の水鏡にうつる花が、たいそう綺麗だった! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/11 16:16
春の彼岸入り
  暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので、春の彼岸に入ったら余寒も去り、日中は13度を上回る気温が安定してきた。線路の土手あちこちに、黄水仙が咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/19 00:05
日差し裏切らず
  まだ寒さ引かぬ二月の終わり、それでも日差しは確実に明るくなってきている。今日、道端で瑠璃唐草(オオイヌノフグリ)を見つけた。小さい小さい水色の花たちに会うと「冬の寒さもあと少しだから」と言われている気がする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/28 17:55
花冷え
  異例に早い開花で、四月になる前に近所の街路樹の小梨は花を咲かせた。セントラルパークの桜も今が花見時らしい。昨日今日は手がかじかむぐらい寒いので、花には気の毒だけど、その分、持ちがいいかな。  いつも通る道で夜桜ならぬ夜梨のショット。いつもは目立たないけれど、この季節はあなたがプリマドンナ!咲き誇るのを見るのもこれが最後だから、夜会の女王のようなその姿を心にとどめておこう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/05 12:29
かけ足の春
   ニューヨークのこの冬はものすごい暖冬で、一度大雪が降ったりしたものの、ダウンコートもほとんど着ずに三月も終わろうとしている。一足早く、道に水仙の花が咲いていた。明日の気温は、日中20℃近くになるらしい。三月は天気が荒れるものだが、もう冬は完全に去ってしまったような感じだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/23 13:28
お国訛り
  今年もヨルガオ(Moon Flower) が咲いてくれた。昨年植えたものから取った4つの種のうちひとつだけ発芽し、3階のファイヤーエスケープに蔓を這わせていった。薄闇が漂う夏の時に、白い衣をほどくように開いてゆく花はこの上なく似合う。    小学生の頃、花屋で綺麗な鉢植えの花を見かける度に買いに行った。子供の小遣いで買うのだから高価なものではなかったが、それでも一時うちの庭には私が買って来た色とりどりの花が咲いていた。 「仏壇に飾るのに困らなくていいなぁ」と茶化す近所のおじさんに、... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/24 14:03
山深き 氷の花咲く
 氷細工ではありません。山荷葉-サンカヨウという花。日本と樺太の深山に生息する植物だそう。雨に濡れると、花びらが透きとおるなんて不思議〜。とても綺麗ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/04 12:19
風光る 卯月
  今、ニューヨークの街路樹の白い花が満開。豆梨の木とも野林檎の木とも聞いたが、どちらなのだろう。昨日今日とよく晴れて、ちょっと花冷えのお天気だった。  夕方家に帰ると、窓から一筋差し込んだ光が、切花の小向日葵をスポットライトのように照らしていた。写真に撮ってみたけど、肉眼で見えてるのとけっこう違う。 写真は写真で、面白い色が出ているけど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/26 14:36
四月の雪
  先日、日本では雪が降ったそう。四月の雪はニューヨークでは何度か経験したけれど、日本で桜の季節に雪というのはついぞ聞いたことがない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/09 13:14
秋月や
     ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/20 10:20
小道の影絵
 9月も下旬、ひんやりと晴天の夜、街灯の光で道の上に映された街路樹の影。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/23 09:44
七夕 初花
  いつの間にうとうとしていたらしい。机につっ伏して、窓から入って来る夕方の風に、ほんのかすかな芳香がまじっていた。もしかしたら、とはね起き、窓から顔を出す。ああ、やっぱり!風に羽根をふるわす白い蝶のようなムーンフラワー(夜顔)の花が開いていた。昼間に大きめの蕾を見つけ、これは今夜あたり初花か、と心待ちにしていたのだった。今日は七夕、晴れているので、星も綺麗に見える。恋人たちの逢瀬には、いい天気でよかったこと。蔓に留めた私の願い事の短冊も揺れている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/08 10:56
早春の賓客(まろうど)
  この週末、1年度の終わりということで胡蝶蘭をいただいた。なんでも、わたくしめのイメージに合った花を選んで下さったということで、そんなすごい賛辞頂戴したのは生まれてはじめてなもんだから、もう照れちゃって、お礼言うにも舌がつっぱらかって、何のことだかわけわからない。いやはや、どうもありがとう御座います。とっても嬉しいです〜! この花のように、すっと背筋を伸ばし凜とした風情をたたえた人を目指し精進せねば。    胡蝶蘭-ファレノプシス、花屋で見かけるけど、高値の品だよね。しかも私がもら... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/18 10:44
花は咲くもの
  遅い午後、庭に出て振り向くと、窓の上の方に朝顔が咲いていた。春に種を撒いてぐんぐん伸びたが、今年はどうやら蔓ぼけで、一向に蕾がつかずに夏が終わってしまった。水もやらずに放ったらかしにしていたから、秋も深まった今頃花が咲くとは驚いた。  かれこれ20年も前になるが、ベルリンで朝顔を育てたことがあった。双葉が出たばかりのものをもらった時、7月に入っていた。家の窓に紐を張って蔓を這わせ、2、3の蕾がついた頃、そろそろストーブの炉にコークスをくべる季節になっていた。もうちょっとだ、がんばって咲... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/22 12:06
手段と目的、二足の草鞋
    裏庭菜園のオクラの花が咲いた。噂に聞いてたうすい黄色のとても綺麗な花だ。これも春に日本で種を買ってきたものです。(厳密には密輸ということになるのかな。ハハ) 今日はさやを2個ほど収穫したのだが、今マスター・クレンズのダイエット中につき、あと1週間はレモネード以外摂れないので、さっと茹でて冷凍しておいた。色形のいい五角オクラ、日本のものは見た目も味もいいねぇ。本当に改良の才に長けた民族だわ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/29 11:05
大根第一号
  日本から種を持ってきた春大根はすくすく育ち、今日、早くも第一号が収穫できた。奇跡のリンゴで有名な木村秋則さんが、大根は太陽の動く方向に回りながら育つので、抜く時は反対(つまり西から東)へ回すようにすると上手く抜ける、と言っていたというのをどこかで見て、それに従いやってみた。昨日までの雨で土は湿り気があるから楽だろうと思ったが、結構な力が要った。しっかり大地に根をはっているんだな。よし、すこし動いてきたぞ。せーのっ!やっ、抜けた!その途端、あたしゃのけぞった。あんたマンドラゴラかいな!?マ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2012/06/15 12:44
ほろ苦く懐かし
  今日、うちの家庭菜園初のキャベツを収穫をした。小ぶりで割るとベビーキャベツみたいに密、味はちょっと苦味があったが、茹でてみたら苦味が抜けてけっこうイケた。調べたところによると、キャベツは夏の暑い時期が成長期に当たるのはあまりよくないようだ。次回は春先か、秋口に植えつけをしよう。    全然関係ない話。ゆうべ友達とパーティへ行っていろいろしゃべっていたら、その昔六本木にCLIMAXというディスコがあったのを思い出し、忘れ果てていた名前がよみがえってしばし絶句した。 CLIMAXはイギリ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2011/10/24 12:11
ゲニウス・ロキ
  多分だけど、一番最初に実をつけたトマトを本日収穫した。割れ目が入ってるけど、味は抜群!自然に完熟したものは、こくとまろみが行きわたっている。こんなに美味しいトマトができるなんて、ちょっとした感動だ。  もともと裏庭は土地が痩せていた。EM菌で堆肥を作ったり、木酢液で害虫・病気避け対策をしたり、見よう見まねでボチボチやってきた。トマトと話もした。「どう、今日もぎ取ってもいい?」「うん。いい塩梅だよ」みたいな。ある時ふと思ったのだが、私はここでクリーニングするために引っ越して来たのかもなぁ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/09/09 11:32
思わぬ見つけもの
  裏庭に面した家のフェンスを越えて枝を伸ばした無花果が実をつけていた。この木はその家の一階に住んでいた人たちが世話をしていた。彼らが引っ越してからしばらく経つ。日本では家の庭に柿の木があるのをしばし見かけたが、たいてい渋柿で食べられるものじゃないから、この無花果もその類なんだろうと思っていた。色づいた実に触ったらふにゅっと柔らかかった。意外な感触におやっと思い、一口食べてみてびっくり。甘い!こりゃイケる。けっこうな数の実が熟している。持ち主はいないし、このままにしておくのももったいない。そ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2011/09/05 11:51
悪天候も気の持ちよう
  ハリケーンが近づいているとかで注意報が出ているが、今現在、まだ暴風雨には至っていない。気温は決して高くないのだが、湿度があるため室内は結構暑く感じる。このあたりは危険ゾーン指定ではないし、屋根が吹っ飛ばされるようなこともないとは思っているけど、ちょいと心配なのは裏庭菜園のトマトだ。添え木が風で倒れないかなぁ。トマトはまずまず順調に育っているから、ここでアクシデントに見まわれると痛い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/08/28 03:26
Hello, Tomato!
  昨日、帰宅途中、かなり激しい夕立に降られた。びしょ濡れになって「あー、やだ」と思うところだけど、家庭菜園に水遣りをしなくてすむから、わが家は夕立歓迎である。  今日、トマトに実がついているのを発見した。よしよし 今年は日本から取り寄せた木酢液で害虫・病気対策をしている。明日は朝のうちに草刈りだ。(草むしりではありません) そろそろ人参の種まきもしようかな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/07/31 09:44
いてくれてありがとう 2
  毎日通る道の街路樹に、気の合う木がいる。上の方の枝は枯れている。帰り道で幹にハグしてます。樹皮がなめらかで、腕を回した感じがとってもいい。 耳をあてて話すと、その日あった様々なことが樹液に溶け、浄化されるのがわかる。ありがとう。あなたがいてくれて、本当によかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/08 13:24
Flower Stand
  駅前のスーパーマーケットの横にあったフラワースタンドが、いつの間にかなくなった。どれくらい前だったか、そのスタンドで花を選んでいたら、声をかけられた。 「すみません、ミス。ちょっと助けてもらえないでしょうか」  いかにもNYで生まれ育ったという感じのお調子者っぽいヒスパニック系、18、19歳ぐらいだろうか、男2人。背の低い方が早口に言った。 「俺、これからガールフレンドの家に初めて行くんです。彼女のお母さんに会うんだけど、花を買って行こうと思って。でもどんなのがいいか俺たちじゃわか... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/15 12:39
収穫第1号
 裏庭ではじめたミニ菜園で、今日は収穫第1号があった。ジャーン!自然農完熟トマトです。5月に種を植えてここまできたのは感無量。さっそく神棚へお供えしました。明日のサラダが楽しみ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2010/08/07 10:38
元気の出る花
 八月の花は向日葵らしいが、最近よく飾っている。向日葵が部屋にあると、なんか元気をもらえる。太陽に向かい、思いの限り体を開いて咲くのがいいね。向日葵応援団、みなさんのお部屋にもどうぞ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/02 12:08
早咲きMoon Flower
 庭にちらほら蛍が飛ぶ季節になった。今宵、早くも夜顔が咲いた。しかし、まだ夏至前だぞ。早すぎないか?朝顔より先なんて... ともあれ、相変わらずの優美な花。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/09 10:12
時節はずれの楽しみ
  九月になり、ここ数日はめっきり涼しい。朝夕の肌寒さは、ベルギーにいた時と変わらない。私としては、もう1週間ぐらい夏らしい日があって欲しい気がする。夏かえり咲きなるか。  かえり咲きといえば、隣の藤棚で藤の花がいく房か咲いていた。秋の入り口に藤とは初めて見た。かえり咲きは、不吉といわれることもあるらしい。もう四半世紀前にもなるが、ちょうど今ぐらいの季節、母方の祖父の三回忌に会津若松へ行った時、鶴ヶ城の庭で、ほんのいくつかであるが花をつけた桜の枝を見つけた。この時期に桜なんておかしい、と母... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2009/09/03 10:20
植物系の生活 2
  昨日で、MC(マスタークレンザー)21日間が終了した。 今日はブレイク1日目でオレンジジュースに切り変わり、明日の午後から少しづつ固形物を取る。結果報告しますと、かーなりデトックスした実感はあります。異変としては、生理が1週間も早く来たのと、最後の方で口内炎ができたことだが、生理は通常よりずっと軽く、口内炎も小さくほとんど痛くないものだった。体重は4kg減、満足。アメリカへ来た時の体重だが、これが私のベスト体重ということなのかな。  その他の間接的利点は、食費が浮いた。歯のホワイトニ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2009/07/23 10:59
植物系の生活
  MC(マスタークレンザー)をはじめて、今日で11日が経過しました。これはアメリカでも日本でも話題になったダイエットで、要はレモン汁にメープルシロップを混ぜたレモネードだけで生活するというものです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2009/07/12 11:10
待てば海路の日和かな
  3日間の雨天が明け、今日は秋の青空に恵まれたものの、風邪気味であんまり元気じゃなかった。朝夕の気温もだいぶ下がってきている。今年は朝顔&夜顔の種まきが遅れた。朝顔は花が咲いたけれど夜顔の方は背が伸びず、蕾がつく気配もなかったので、もう花は見れないかなと諦めていたのだが、数日前に蕾を発見。やった!と思いきや雨の日が続いたので、咲かずに萎んでしまうか心配だったけど、今日の夕方、見事に花開いていた。見た途端、元気になりました。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/30 09:05
葡萄棚のある家
  庭を接した隣の家の葡萄棚に、青くかたい葡萄が垂れ下がる季節になった。今頃はよくこの葡萄棚の下で、ギリシア人の老夫婦が夕食を食べていた。柵で姿は見えないが、微かな食器の音や静かにしゃべる声が聞こえ、二人して夏の宵を楽しんでいるのがわかった。  一昨年だったが、今年は葡萄棚の下で夕食を楽しむ姿がないな、と思っていたら、その年の春、ご主人が亡くなったことを聞いた。それから隣の葡萄棚は、夏になってもひっそりとしていた。  先日、久しぶりに葡萄棚の下から賑やかに笑う声が聞こえてきた。英語だった... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/07/16 11:02
雨月の庭
  6月に入ると、ニューヨークでは公園などでよく蛍を見かける。うちの雑草伸び放題の裏庭にも、毎年現われる。だいたい日没の薄暮の時間帯が一番多くて、夜遅くなるにつれて数か減ってゆく。おもしろいのは、雨の日の方が活発に見えることだ。  昨日はおりしも雨降りで、蛍のショットをトライしたのだが、ねばること約1時間、全然ダメだった。高感度撮影ができないと難しいようだ。残念なので、見つけた中で一番似てそうなイメージを貼っておきます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2007/06/30 13:24
切られ与サボテン
 しがねえ恋の情が仇、命の綱の切れたのを、どう取りとめてか木更津から、廻る月日も三年振り...「切られ与三郎」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2007/05/08 12:48
今年の桜
 今年は4月に入ってからずっと気温が低く、この週末になって20℃近いお天気に見舞われた。今日セントラルパークへ行ってみたら、案の定、待ってましたとばかりに桜が満開。例年より2週間ぐらい遅い開花だった。だけどセントラルパークの花見というのは、どうも情緒に欠けるなー。人が多いのは当然としても、なんか開放的すぎるというか、要するに雰囲気が言葉の通りパークなのだ、パーク。今年は特にギリシャ系住民のパレードが5番街であって、軍隊マーチがガンガン聞こえてきた。平安朝の花見スタイルに憧れている私としては「... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/23 10:55
名を知らぬままの夏の花
 その花の名を、私は知らないままでいる。  小学生時分、夏休みになると北の城下町に住む母方の祖父母の家に行っていた。あの夏、私は十一歳だった。老夫婦二人が暮らす小さな家の庭一面に、私の胸の高さまで伸びた見たこともない花が咲いていた。祖母は園芸仲間の家でその花を見て大層気に入り、種をわけてもらったと話した。 「可愛らしい花でしょう。蝶々が連なっているみたい」  目尻に柔和な皺をよせて微笑む祖母の言うように、それは一つの茎に濃淡のある紅色の小さい花がいくつも集まっていて、風にそよぐと本当に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/22 13:37

トップへ | みんなの「花草木」ブログ

伽羅創記 花草木のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる