謹賀新年-平成最後の年

  謹んで新春のご祝詞を申し上げます


 住んでいる町の鎮守様、八幡神社へ初詣に行ってきた。お日柄もよく、穏やかな元日でした。

画像

 まずは、手水を使い、楼門をくぐります。















画像 土地の者は「八幡様」と呼んでいるけど、正式名は東石清水八幡神社です。

 御祭神 誉田別命・姫大神・神功皇后

【由緒)】 社殿は、永承六年(1051)源義家が、父頼義に従い、奥州安倍頼時征討の途中、この地に斎場を設け、石清水八幡宮を遥拝して戦勝を祈願、康平六年(1063)奥州を平定し帰途に再び当地に寄り、八幡様を勧請し「白鳩峯石清水八幡宮」(はくきゅうほういわしみずはちまんぐう)と称したといわれている。白鳩峯とは、白い鳩が降り立ったのを神の遣いとしたのでしょうかね。千年前の話かぁ。すごい!




画像
 社務所で、かわいらしい巫女さん達がお守り、御札を販売していた。純白の上衣に緋の袴、日出ずる国の色は冷たい清涼な空気の中で目にも鮮やかに映った。
 日本は杜(もり)と石清水の国といわれる。杜と水辺があり、そこに神が宿り社(やしろ)が建ち、人々が寄り合ってコミュニティができていった。幾度となく御代年号は変わり、もう思い出せないほど遠く、それでも記憶のどこかにあるぬくもりは、時々むしょうに懐かしい。
 
 ひとはいざ 心も知らず ふるさとは
    花ぞむかしの 香ににほいける





 八百万の神々とみなさまの彌榮をお祈りいたします。本年もよろしくお願いいたします。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック