大寒よ、さようなら

画像


  本日二月三日は旧暦の節分、大寒が終わり、明日二月四日の立春から春になる。(ちなみに今年の旧正月は二月五日だそう) 春先取りの陽気で、山の貯水池には釣人がけっこういた。
 

地球歴サイトから: heliostera.com

大寒から立春は1年を1日に例えたときの午前2時の丑三つ時。満ちた陰気に怪異が夜行する「逢魔が時」とも。
死後から常世へ繋がるこの時刻は闇から光への移行期。
「冬の土用」は特に変化の多い時期、たいていのことは朝になれば夢の跡。静かに春を待ちましょう。


 ふむふむ。私も立春過ぎたら新しいことがいくつか始まる。そうなのかぁ。
 
 明日はさらに、桜の頃みたいな暖かさになるそう。ベーカリーカフェへ行くも、今日はなんとなく読書より、眠たげにほんわか気分だった。

画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック