台風の間

typhndy2.JPG
 長梅雨の後、暑い夏が続いていたが、台風接近の雨天候で幾分気温が下がった。すでに日本海へ抜けて行った後、ひと際朱の濃い凌霄花が、嵐の名残りの風に吹かれていた。


typhndy1.JPG
 雨を含んだ雲をまとう幽玄な姿の赤城山。田んぼの真ん中を通る道から撮影した。


typhndy3.JPG
 こちらは秩父山脈から続く山です。風が強いので、雲の流れが速かった。フィリピンの方から、新しい台風が来ているらしい。8月も終盤に入った。夜更けに蝉しぐれを聞いている。




この記事へのコメント