春は春なり

hgskr.JPG
 そろそろ二月も終わり、今日などは寒の戻りの寒い日だったが、日差しは春らしさが定着してきた。花を咲かせる樹々も目にするようになった。これはカンヒザクラという種かな。空地の角に咲いていました。


bk1.jpg オンライン読書会の今月の本は、小林秀雄「様々なる意匠」だった。27歳で書いたそうだ。凄すぎる...一読して難しかったけど、浜崎洋介氏の解説で理解するのにえらく助かった。
 小林秀雄は昔々「近代絵画」を読んだけど、内容は全然覚えていない。今回読んでみて、洗練された文章を書く人だなぁと思った。エッセイなんかも、短編としても読めるようなものだ。じっくり読んでみるつもり。「近代絵画」も再読しよう。浜崎洋介と柴山圭太両氏が小林秀雄の思想についてベルクソンに何度も言及していたから、そっちも良さそうだな。しかし、最近本を読むのには大変持久力が必要だと、つくづく思わされる。




この記事へのコメント