春は春なり

 そろそろ二月も終わり、今日などは寒の戻りの寒い日だったが、日差しは春らしさが定着してきた。花を咲かせる樹々も目にするようになった。これはカンヒザクラという種かな。空地の角に咲いていました。  オンライン読書会の今月の本は、小林秀雄「様々なる意匠」だった。27歳で書いたそうだ。凄すぎる...一読…
コメント:0

続きを読むread more

類は友を

 二年前に買ったカランコエは、そこそこ枝葉を伸ばしてはいたが、一向に花が咲かなかった。と、すっかり諦めていた昨年の初夏に、一房だけ花が咲いた。肥料をやったらその秋に、また二房だけ花が咲いて、今、早春につぼみがついた。なんとも気まぐれなカランコエである。 「頭の良くなるカランコエ」というキャッチがついているらしいから、ご利益がありますよ…
コメント:0

続きを読むread more