テーマ:落語 芸能

盆の前、寄席と琵琶と講談

  寄席といえば上野の鈴本に行くことがほとんどで、新宿の末廣亭へも行ってみたいと思いながら、なかなか機会がなかった。この度、晴れて末廣亭寄席に行くことが叶った。晴れはいいけど、この夏は日中最高気温40℃近い猛暑日がず~~~っとつづく異例の熱波に日本列島は包まれている。なおさらのこと、落語で暑気払いだっ!{%顔文字ファイトhdeco%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮の池の女神様

  米国から夏休み帰国している友人と、上野の鈴本寄席へ行った。鈴本、いや寄席は久しぶり。あれ、多分、去年の同じ時期に浅草の寄席へ行って以来じゃないかしら?  昼の部の開演早々に入ったので、正直あまり期待していなかったのだが、どうしてどうして、最初に登場した柳家小はぜから、かなり楽しめた。小はぜさんは昨年11月に二つ目昇進とのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中沢家の人々よ、永遠に!

  去る四月二十三日、三遊亭圓歌師が亡くなった。古典落語ファンの私が好きな数少ない新作の落語家だった。  圓歌師の噺をいつどこで初めて聞いたかは、憶えていない。そのとっぽい口調と明るい悪態に幾度となく吹き出して、いろいろ他にも聞いてみたくなったのだった。とにかく最高だったのは代表作「中沢家の人々」で、何度聞いても声を上げて笑ってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草 夏の寄席

  長い間、一度行ってみたいと思っていた三遊亭圓楽一門会の寄席、願い叶って昨日行ってきた。場所は笑点でもお馴染みの浅草演芸ホール、何度か道を聞きながらたどり着いた頃には汗だくだくだった。覚悟していた日本の夏、しかし暑いよ~  この寄席は、三遊亭全楽さんのHPで見つけた。前売り予約の電話番号があったのでかけた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋の一日

  今日、昼休みに読んでた本。これは櫻井よしこ氏があるTV番組で紹介していたもので、法律用語が出てくるという意味では難しいところもあるけど、かなりためになる。  よく、日本人は情動で動く民族だと言う。しかし日清日露戦争では国際法学者を法律顧問として従軍させて交戦法規を厳守していたことに、国際法の発祥地であるヨーロッパの国々が感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳不可能、でも、いつか一緒に笑いたい

  どうにも、翻訳不可能な言葉というものがある。日本語でよく知られているそれは「わび、さび」、「もったいない」、「いただきます」、「おもてなし」などなど。文としても翻訳できないものがある。単語それぞれは訳せても、言わんとすることが理解されるにはひどく困難なのだ。  志ん生の「厩火事」に、しょっちゅう夫婦喧嘩している女房が、ご隠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Downtown in August

  昨日土曜日は前日の雨模様も去って、爽やかに晴れたNYの8月らしい天気だった。11時から13丁目で落語会があったので、ダウンタウン行き地下鉄に乗る。14丁目ユニオン・スクエアで降り、時間があったので青空マーケットをぶらついた。  こんな風に毎週土曜日、野菜から肉、魚、ベーカリー、ジャム、ワイン、植木屋と、いろいろな店が出てい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

得した気分 鈴本寄席

  3月25日、4年半ぶりに日本上陸、京成ライナーで上野に出る。荷物を駅のロッカーにあずけ鈴本へ。あ~、血が騒ぐ。寄席の太鼓よ、出囃子よ、と行ってみたら「本日の当日券は売り切れです」と出ているではないか。ガーン なんだなんだ、成田からわき目もふらず飛んで来たてぇのに!なにや…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

家元 逝く

 「今日は落語やる気分じゃねぇんだよ」  十代目金原亭馬生が亡くなった日、立川談志は高座で馬生の思い出をとりとめもなくしゃべり、しびれを切らした客が「早く落語やれ!」と言ったのにそう返した。いつもの談志なら「嫌なら出てけぃ!」と怒鳴りそうなものを、本当にしんみりしていたらしい。    今日は何か書くような気分じゃねぇな..…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

行く年来る年

  今日はやけに冷えるナーと思ってさっき天気予報を見たら気温-8℃、体感気温-17℃だって。おっそろしー!こんな夜は戸締りしっかりして、家ン中に閉じこもるっきゃない。2009年も残すところわずかとなりました。年の瀬てぇと、いつにも増して浪曲「清水次郎長伝」が恋しくなりますな~。   すげの笠、意地と度胸の振り分けを   泣い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

さらば、五代目三遊亭圓楽

  昨日、母親が送ってきた小包の中に、来年の笑点カレンダーが入っていた。早くも店頭に出ていたのか。私のお気に入りアイテムと知って買っておいてくれたのだ。ありがたい。  その今日になって、三遊亭圓楽師が亡くなったというニュースを見た。病気で笑点の司会も現役の高座も引退してから、いつなにがあってもおかしくないとは思っていたが、この偶然…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

神の御前にて「芝浜」

  うすら寒い雨の日がつづいている。五月雨というより梅雨みたい。よく降りやがるなぁ... こないだの日曜日、そんな雨ン中、ハーツデールまで寄席に行った。出演は紐育寄席でお馴染み三遊亭京楽(きょうらく)師と、昨年アメリカ・デビュー(?)を飾った三遊亭神楽(じんらく)師だ。いつもならマンハッタンでの寄席に行くのだが、今年はその日に他の予…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八月の夜想

 八月になって、先月より日の暮れが早くなったのを感じる。考えてみれば夏至は六月下旬だから、真夏といわれる季節、すでに日は短くなる一方なのだ。トーマス マンが「ブッデンブローク家の人々」の中で、繁栄の頂点にあると思った時は、実はもう衰退がはじまっているというようなことを書いていたが、夏というのは漲る生命力の過剰さゆえに、ある種の倦怠と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古典落語好きの末席から-五代目古今亭志ん生

 なにげなく志ん生年譜を見たら、命日が昭和四十八年九月二十二日。圓生、志ん生とも九月が祥月なのだな。  私がはじめて志ん生落語をテープで聞いたのは、ほんの三、四年前だった。そりゃ名前は知ってた。なにしろ伝説の噺家である。その人生のゾロッペェな逸話の数々も聞いていた。だけど私には圓生があれば充分だったので、あえて自分から聞く機会…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

古典落語好きの末席から-六代目三遊亭圓生 

 九月は、昭和の名人噺家である六代目三遊亭圓生の命日がある。昭和五十四年九月三日没となっている。確か「死んだその日が誕生日」というやつではなかったか。  私は古典落語好きだが、文楽も圓生も志ん生も高座(ライブ)で見たことはない。みんな亡くなってからテープで聞いた口だ。(厳密にいうと、圓生は生前一度、テレビでちらっと見た記憶があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more