伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 記録書き

<<   作成日時 : 2006/11/15 14:17   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 久しぶりにベラスケスの [十字架のキリスト]をじっくり見て、稚文にいただいたコメントを読んだりしているうちに、ふとある体験を思い出した。どうしようかと思ったが、書いておくことにする。明日から 10日ばかり人里離れた瞑想道場へ篭もりに行くので、帰ってきた時、瞑想へ行く直前に自分が考えていたことを記録しておけば、思考に何か変化があった場合、読んで面白いのではないかと思うから。

 イラクのテロリスト集団がインターネットのサイトで流した「首切り」の動画を見たことがある。まったくの興味本位だった。すでに何人も処刑されていて、その都度ビデオ撮影したものが並んでいた。その中で、一人の手術着のような朱色の衣を着せられた男が首を切られる動画があった。どこか中東の国の、蒼白い端正な顔をした若い男だった。テロリストの一人が声明文を読み上げ、仰々しい三日月刃を抜き、男の髪をつかむとその喉元をカメラに晒して切り込んだ。血が吹き出て、男は瞬時に絶命した。羊でも解体しているかのように、男の首はすぐに切り離された。カメラがその首をアップで映す。その時、私は首に見とれていたことを告白する。
 この上なく残酷な映像であり、首を挽いているところでは「うぇーっ」と顔も歪んだ。ところがテロリストが首を手にぶら下げた瞬間、それはヨハネの首に見えたのだ。温かい、蒼ざめて端正な男の首。
 私は自分がとりわけ異常な人間だとは思っていない。(異常といえば人並みに異常だ) この体験を非人間的だから否定すべきものとするなら、それは人間の非理性の領域に対する浅はかな理解であろう。残酷な行為を否定する同じ精神の別次元で、一見それとは矛盾する感覚が存在しえることを認識していない。むしろ、自分の中で矛盾を生じるこの感覚を認識することこそ、知性に対する誠実さではないか。あの感覚がどこからくるのか、私にはわかりようもない。

 この動画を見てからすぐに、日本人の犠牲者が出た。首切りの場面も同じサイトで見た。この時は、テロ集団に対する嫌悪感ばかりだった。同じ日本人が処刑されるのを見て、明白な意識のまま殺される恐怖は一体どんなものなのかとか、家族はどんな気持ちでいるだろうとか、自分に重ねたリアリティが嘔吐のごとくこみ上げてきた。ヨハネの時は、自分になんぞいっこも重ねてなかった。また、テロリストたちが自分達の政治的言い分より先に殺人そのものにのめりこみ、それを掲げて世界を威嚇することに酔っているとも思えてきた。
 日本人人質が首を切られた事件があってから、イラクに行こう、テロリストだって同じ人間、話せばわかるだろう、などという莫迦な個人旅行者の話もぷっつり聞かなくなった。恐らくあの動画を見ないまでも、同じ日本人が処刑されたという事実をわが身と重ねて、恐ろしさを実感した人間が増えたということだろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「ヨハネの首」・・・
クリムトにしてもモローにしても、また文学作品ではワイルドが、サロメとヨハネを題材にした作品を残していますね。
 またサロメでなくともユーディット。
これもクリムト。それからクラナッハの絵が思い浮かびました。

この究極の生と死。
まるで暴力的ともいえるような輝く美女たち。
切り離され、断絶した生と死のドラマには、人を惑わせる妖しい魅力があるのでしょうか。
  
 こんなコメントばかり書いていると、何だか危ない人間のようですが、私はいたってフツーの人間、フツーの主婦ですから誤解のなきよう(笑)

aosta
2006/11/16 22:49
>切り離され、断絶した生と死のドラマには、人を惑わせる妖しい魅力があるのでしょうか。

私もつらつら考えていたのですが、竹田青嗣氏の『ニーチェ入門』の中で書いていたあることが思い浮かびました。興味深いので、記しておきますね。

*********************************
「私たちが事物のうちへと変貌や充実を置き入れ、その事物を手がかりに創作し、ついにはその事物が私たち自身の充実や生命欲を反映しかえすにいたる状態とは、性欲、陶酔、饗宴、陽春、敵を圧倒した勝利、嘲笑、敢為、残酷、宗教的感情の法悦にほかならない。とりわけ性欲、陶酔、残酷という三つの要素である。―― すべてこれらは人間の最古の祝祭の歓喜に属しており、すべてこれらは同じく最初の「芸術家」においても優勢である。」
カラビ
2006/11/28 10:17
(続き)
 ニーチェが言わんとするのはこういうことだ。一切の価値の源泉は「力への意志」だが、人間においてそれはとくに、「性欲、陶酔、残酷」という三つの言葉に象徴される。生はつねにこの言葉に象徴されるような「生命感情」をもとめる。それらは人間の生の起源であり、根拠なのであると。おそらくここに、「人間は何のために生きるのか」という問いに対するニーチェの最も深い答えが隠されている。
*********************************

>私はいたってフツーの人間、フツーの主婦ですから誤解のなきよう(笑)

大丈夫です。
危ない人は、ここでコメントなぞしません。
カラビ
2006/11/28 10:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
記録書き 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる