伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS それでもエピファニー

<<   作成日時 : 2011/01/07 11:04   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像

  昨日の記事でエピファニーについて書いたものの、実は私、昨夜ムカつくことがあって、エピファニーからはほど遠い気分で床につき、今日未明に目が覚めてしまった。まだムカついている自分のことも嫌になり、窓からまだ昏い空をふと見上げると明るい星が!(写真トップ) 東方でひときわ輝く星を見た賢者が、キリストの誕生を知る。私が見た星も、東方に輝いていた。「エピファニーはこんな私も見捨てていない」と嬉しくなった。

画像



 教会ではエピファニー(主顕節)の今日を祝っているだろうか。五番街50丁目の聖パトリック・カテドラルへ行ってみた。空が曇りと晴れの真っ二つに分かれた妙な天気だった。
 聖パトリック・カテドラル、ローマ・カトリック派の綺麗な教会である。ここへはニューヨークへ来たばかりの時に訪れて以来だった。
 観光客も結構いたが、中は厳かな静粛が保たれていた。聖壇に灯された蝋燭の灯りに、白い聖母マリア像の横顔がゆらめいていた。ほの昏い静けさがとても心地よく、しばらく椅子に座って時間を過ごした。






画像
 イエス・キリストはどうしてひとりでいたのだろう。独身というだけでなく、弟子に慕われ人々に囲まれていても、彼は常にひとりだった。ひとりで十字架を背負い、死んでいった。
 彼がひとりでいたのは、この世界で最後の、最も孤独な人のためではないか。
「あなたには、わたしがここにいる」と、その人に言うために。なぜならイエス・キリストこそが、私たち人間の孤独、悲しみ、喜び、愛、あらゆるものを体現した最初で最後の人であるから。そう思ったら、目頭が熱くなってきてしまった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
イエスキリストが一人でいたことへの洞察、深いですね。
孤独の淵に佇んでいる時に、最後に思い出してもらえるためには一人きりでいる必要があるのかもしれませんね。
真奈
2011/01/08 13:12
偉業を成し遂げた人たち、最初の一歩は ちょっとした思いつき、きっかけ、なんでしょうか。
NYには 素晴らしいカテドラルがあるんですね。やっぱり、、、歴史があるなぁ。
人は、信仰という きっかけで 素晴らしいモノを創り上げますから。

たとえ、どんなものでも 人が創造力を注いで出来上がったモノは尊敬に値しますね。
ちょっとテーマから はずれましたね、、、すみません。

May God Bless You!

にしゆみ
2011/01/08 14:21
ご無沙汰してます。
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

キリストが孤独であったのは、彼自身、孤独の深淵をみる必要があったからではないでしょうか。
また生前のキリストを真の意味で理解していたのは誰もいなかったということから、彼は孤独だったということもできます

2011/01/08 20:25
>真奈さん
>孤独の淵に佇んでいる時に、最後に思い出してもらえるため

私が思ったのも、同じようなことでした。
ヨーロッパでは、よく独りで生活している老人を見かけました。杖をついて歩くのも大変そうで、後ろ姿に「絶対の孤独」みたいなものを感じましたが、彼らにはキリスト教の「神」というものがあるから、孤独に耐えられるのではないでしょうかね。本人たちは人間であることの孤独は当たり前と受けとめている、とも言えるかな。日本人には、あれはちょっとキツいかもですが。
カラビ
2011/01/09 07:09
>にしゆみさん
>人は、信仰という きっかけで 素晴らしいモノを創り上げますから。

これは私はケルンの大聖堂を初めて見た時にそう思わされました。どの宗教にも関係なく、信仰、祈りとは、エゴを超えた真の自分(エネルギー・フィールド)とつながるものなんだろうと思います。

>しーさん
明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願いいたします。

>孤独の深淵をみる必要があった
人間のあらゆるものを体現するということで、まさにそうだと思います。

>生前のキリストを真の意味で理解していたのは誰もいなかった

キリストの身に起こったのは、
「一番大切なものを愛し、つぎに破壊し、それからふたたび愛するのがひとというものだ」ということでしょうね。
しかし逆説的にですが、キリストは孤独を知り尽くすと同時に、孤独から最も遠いところに在った人でもあるように思います。
カラビ
2011/01/09 07:36
実は私もある人に対してとてもきれてしまったのだけれど、
それを受け入れ、許していく事も修行ではないかとおもう最近、、
毎年なのだけど、1月は怒りが多い月なのよ、自分を見返る月でもあるけどね、
今年は昨年よりももっと前向きでいきましょう
Masu
2011/01/11 08:44
>MASUちゃん
温厚なあなたでもキレることあるのね。うーん、人間だね、みんな。
怒りをコントロールすることは訓練(修行)次第で可能だと思います。お互いに精進しましょう!
カラビ
2011/01/11 14:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでもエピファニー 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる