伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS I pass this on to you, my dear friends!

<<   作成日時 : 2011/01/27 08:19   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

今朝、友人からのメールで泣けるストーリーが回って来ました。一人でも多くの人に伝わりますように。
(和訳は私によるものです。英語原文は、和訳の後に載せています)


********


 マクドナルドで朝食を

 これは本当にあったとてもいい話です。どうか終りまで読んで下さいね!
(話のあとに、とてもいいことがまっています)

 私は、3歳、12歳、15歳の子供を持つ母親で、最近、大学を卒業しました。最後のクラスは社会学でした。私は人間には誰でもすばらしい資質がそなわっていると願っていますが、先生はそれについてとても興味をもっていました。彼女が与えた最後の課題は「微笑み」でした。その内容は、外出した際、3人の人に微笑むこと、彼らがどんな反応をしたか記録することでした。私はとてもフレンドリーで、いつもまわりにハローと微笑むタイプでしたから、これはまさに朝飯前のことだと思いました。

 この課題に取りかかって間もない、ある冷え込んだ三月の朝でした。私は夫と一番下の息子とマクドナルドへ行きました。息子を楽しませる時に、私たちがいつもしているようなことです。
 カウンターの列に並んでいると、突然、みんな列からぬけ出しはじめました。夫までも列を出てしまいました。私はまったく動きませんでしたが、尋常ならぬ雰囲気にふと後を振り向いた時、どうしてそんなことになっているのかわかりました。汚れて臭い二人のホームレスの男性が、私の後に立っていたのです。
 私が背の低い方の男性を見た時、彼は微笑みました。彼の空のように美しく青い目は、それが人の心に受け入れられることを求める神の光に満ちていました。
「いい天気ですね」 
 小銭を握りしめて彼は言いました。彼の後にもう一人が、手を体に擦りつけながら立っていました。彼には精神障害があり、青い目の男性は彼を助けているのでした。私の目に涙がこみ上げてきました。
 カウンターの若い女性店員が、青い目の男性に注文を聞きました。
「コーヒーをひとつだけ」 
 彼にはそれしか買えなかったのです。(暖房のきいた店に入りたいなら、何か買わなければなりません。彼はただ、温まりたかっただけなのです)

 私の心を強く動かすものがありました。それは小柄な青い目の男性を抱きしめたいと思うほどのものでした。店中の目が私に注目し、一挙一動を見ているのがわかりました。
 私はカウンターの店員に微笑み、二人分の朝食セットを注文しました。それをもって二人の男性が座っているテーブルへ行き、彼らの前にトレイを置きました。私は青い目を男性の冷えた手に自分の手を重ねました。
「ありがとう」 彼は私を見上げて、涙にうるんだ目で言いました。
 私は彼の手を撫でて言いました。
「これは私からじゃないの。私を通して、神様があなたに希望を与えて下さったのよ」
 私は泣きながら、夫と息子のところへ戻りました。座った時、夫は微笑んで言いました。
「だから神様は、僕に君を与えてくれたんだね。君という希望を」
 私たちはしばらく手を握り合い、私たちが他者に与えることができるのは、自分に与えられたよい資質だけなのだと思いました。
 私たちは教会に通う者ではありませんが、神を信じています。あの日、私が見たものは、神のやさしい愛の光でした。

 最後の授業に、私はこの話を提出しました。先生は話を読み終えると聞きました。
「これを他の人たちに聞かせてあげてもいいかしら?」
 私は頷き、先生はクラスのみんなにこの話を聞くよう言いました。
 彼女が話を読みはじめた時、私は理解しました。人間は神と同じ資質をもっているのであり、それは他者を癒すために分かち合い、自分も癒されるものだということを。
 私はあの日マクドナルドにいた人たち、息子、先生、そしてクラス全員の心に光を伝えました。今までに学んだ中で最も大きな課題を終えて、私は学校を卒業することができました。


[ なんの見返りも望まず受け入れること ]
これを読んだ人に、多くの愛と共感が伝わるでしょう。この話で私たちは、人を愛し、そのために物を役立てる、物を愛するがため、人を利用するのではない、ということがわかります。

いつもあなたを見ている天使がいます。天使のために、あなたがこの人は、と思う人にこの話を伝えて下さい。

天使の言葉:
人生には多くの人が現れ去ってゆくけれど、真の友人だけが心に足跡を残してゆく。
自分のためには頭を使い、ひとのためには心を使うこと。
神はすべての鳥に食べ物を与えるが、巣に食べ物を投げ込むことはしない。与えられたものに報いましょう。その意味は必ずわかります。


黄金の箱

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
箱の中にある秘密は、明かされることはありません。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
この箱はお金では買えない、

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
私にとって、大切な宝物です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
今日、私はこの宝物をあなたと分かち合いたい。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
宝物とは、あなたが与えてくれた友情です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この話をあなたが分かち合いたい人に伝えて下さい。
あなたの願いが一つだけ叶います。もしこの話を人に伝えたならば、ひとつだけ、しかしどんな願いでも。

願いを叶えるリスト
3人に伝えると  − 願いはいつか叶うでしょう
5人に伝えると  − 願いは3ヶ月以内に叶うでしょう
10人に伝えると − 願いは5週間以内に叶うでしょう
15人に伝えると − 願いは1週間以内に叶うでしょう
 
1週間も待てない人へ 
22人に伝えると − 願いは1日で叶うでしょう!

(注: これを読んだその日のうちに伝えて下さい)



[English]

A Return is Requested....You'll see why.


 Breakfast at McDonald's

This is a good story and is true, please read it all the way through until the end!
(After the st or y, there are some very interesting facts!):

  I am a mother of three (ages 14, 12, 3) and have recently completed my college degree. The last class I had to take was Sociology. The teacher was absolutely inspiring with the qualities that I wish every human being had been graced with.
 Her last project of the term was called, 'Smile.'
The class was asked to go out and smile at three people and document their reactions. I am a very friendly
person and always smile at everyone and say hello anyway. So, I thought this would be a piece of cake,
literally.

 Soon after we were assigned the project, my husband, youngest son, and I went out to McDonald's one
crisp March morning. It was just our way of sharing special playtime with our son.
 We were standing in line, waiting to be served, when all of a sudden everyone around us began to back away, and then even my husband did. I did not move an inch... an overwhelming feeling of panic welled up inside of
me as I turned to see why they had moved.
 As I turned around I smelled a horrible 'dirty body' smell, and there standing behind me were two poor
homeless men.
 As I looked down at the short gentleman, close to me, he was 'smiling'. His beautiful sky blue eyes were full of God's Light as he searched for acceptance....
 He said, 'Good day' as he counted the few coins he had been clutching..
 The second man fumbled with his hands as he stood behind his friend. I realized the second man was
mentally challenged and the blue-eyed gentleman was his salvation. I held my tears as I stood there with
them.

 The young lady at the counter asked him what they wanted. He said, 'Coffee is all Miss' because that was all they could afford. (If they wanted to sit in the restaurant and warm up, they had to buy something. He just
wanted to be warm).

 Then I really felt it - the compulsion was so great I almost reached out and embraced the little man with
the blue eyes. That is when I noticed all eyes in the restaurant were set on me, judging my every action.
 I smiled and asked the young lady behind the counter to give me two more breakfast meals on a separate
tray.

 I then walked around the corner to the table that the men had chosen as a resting spot. I put the tray on
the table and laid my hand on the blue-eyed gentleman's cold hand. He looked up at me, with tears in his
eyes, and said, 'Thank you.'
 I leaned over, began to pat his hand and said, 'I did not do this for you.. God is here working through me to
give you hope.'

 I started to cry as I walked away to join my husband and son.... When I sat down my husband smiled at me
and said, 'That is why God gave you to me, Honey, to give me hope..'

 We held hands for a moment and at that time, we knew that only because of the Grace that we had been
given were we able to give.
 We are not church goers, but we are believers. That day showed me the pure Light of God's sweet love.

 I returned to college, on the last evening of class, with this story in hand. I turned in 'my project' and the
instructor read it. Then she looked up at me and said, 'Can I share this?'
 I slowly nodded as she got the attention of the class. She began to read and that is when I knew that we as human beings and being part of God share this need to heal people and to be healed.

 In my own way I had touched the people at McDonald's, my son, the instructor, and every soul that shared
the classroom on the last night I spent as a college student. I graduated with one of the biggest lessons I
would ever learn:


UNCONDITIONAL ACCEPTANCE.
Much love and compassion is sent to each and every person who may read this and learn how to
LOVE PEOPLE AND USE THINGS - NOT LOVE THINGS AND USE PEOPLE.

There is an Angel sent to watch over you.
In order for her to work, you must pass this on to the people you want watched over.

An Angel wrote:

Many people will walk in and out of your life, but only true friends will leave footprints in your heart
To handle yourself, use your head..
To handle others, use your heart.
God Gives every bird it's food, but He does not throw it into its nest.
Send it back, you'll see why!

A box of gold

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
With a secret inside that has never been told

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
This box is priceless but as I see

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
The treasure inside is precious to me

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
Today I share this treasure with thee

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
It's the treasure of friendship you've given me.

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

If this comes back to you then you'll have a friend for life but, if this becomes deleted, you are not a friend.
Send this to everyone you consider a friend!
It will grant you one wish and only one wish, that is, if you decide to send this to others. You can wish for anything.
Repeat your wish until you have stopped scrolling. Make it count!

FOR YOUR WISH TO COME TRUE YOU HAVE TO SEND IT TO:
3 PEOPLE - YOUR WISH WILL COME TRUE EVENTUALLY
5 PEOPLE - YOUR WISH WILL COME TRUE IN 3 MONTHS
10 PEOPLE - YOUR WISH WILL COME TRUE IN 5 WEEKS
15 PEOPLE - YOUR WISH WILL COME TRUE IN 1 WEEK

CAN'T WAIT A WEEK???
22 People-Your Wish Will Come True In 1 Day!

****** **********REMEMBER**************

THIS MUST BE SENT OUT THE DAY YOU READ IT FOR



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなかさ、人に為にするって難しい時もあるけどさ、その方は人に愛をあげたと思うわ。私は今年もっともっと人の為になるようにと生きて行きたいわ。
Masu
2011/02/02 21:38
MASUちゃん、どうもです。
ちょっとしたことでも、すごく嬉しいことってあるよね。
横断歩道で手を貸してあげるだけでも、あたたかい気持ちが伝わる時はあると思います。
カラビ
2011/02/03 03:50
いつもバスの中から携帯電話で読んで、感想書く前に職場についていました(笑)

いいお話ですね。
良い行いは自分を通した神の行い。
素敵な考えだと思いました。

でも私は、それ以上にカーラビンカさんの書かれる美しい物語を読みたく思っています!
真奈
2011/02/20 22:36
>真奈さん
ありがとう御座います。
美しい物語を書きたいという切望はいつも持っています。
わたし自身が「美しい物語」であれば、それは顕われるのではないだろうか、と最近思っています。
カラビ
2011/02/21 07:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
I pass this on to you, my dear friends! 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる