伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 使える感情解放テクニック

<<   作成日時 : 2011/02/09 14:17   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

  普通、ネガティヴな感情が好きな人はいないけれど、感情というのは勝手に湧いて出てくるものだから、これはもうし方がない。私は長い間、ネガティヴな感情が湧いてくると「なんで出てくるんだよ、コノー!」と敵視していた。できることなら抹殺しようとしたし、それができないとわかると鬱陶しいので脇へ脇へと追い払っていた。しかしこれをやっている限り、早かれ遅かれ同じ感情が舞い戻ってくる。これは身に沁みてわかっている。
 瞑想で行う内観では、湧いて出た感情をネガティヴなものであれポジティヴなものであれ、ただ観察する。いいとか悪いというジャッジ(判定)は一切しない。とにかく、その感情と一緒にいるだけ。面白いもので、どんな感情も観察しているといつか消えてゆく。これを知ったと知らなかったとで、私の人生は次元が違ったものになったと言ってもいい。(ヴィパッサナーに感謝です!)

 ともあれ、ポジティヴな感情はともかく、ネガティヴな感情はやはり気持もちのいいものではない。スピリチュアル系コーチングで必ず言われるのは「ポジティブな気分でいましょう」ということだ。誰だってポジティブな気分でいる方がいいに決まっているが、よほど悟った人は別として、やはりネガティヴな感情は湧いてしまう。その時役立つのにEmotional Freedom Techniques(感情解放テクニック)と呼ばれるものがある。これにはいろいろな種類がある。有名なのはEFTタッピングで、タッピングポイントになっているツボを指でタッピングして、ネガティヴな感情を解放する方法ですね。

 日本語参考サイト http://www.eft-japan.com/pdf/eftsimpmanual.pdf



 最近読んだジョー・ヴィターリの本 "the KEY"の巻末に、ピーター・ミシェルという人の感情解放テクニック-Emotional Freedom101-が載っていた。17のテクニックが紹介されていて、その中に一つ画期的なのがあった。


 1. 頭を垂らし、手を胃の上か胸にのせ、感情が湧いた時、どんなセンセーションが起こるか感じるようにする。

 2. 体が感情を感じているのに注意する

 3. 感情の強さを1から10で計ってみる。

 4. その感情が強さを増すのをなるがままにしておく。倍になってもなるがままにしておく。

 5. さらに、意図的に感情から起こるセンセーションを強める。どんどん強める。

 6. 強めているうちに元の感情が弱まって、ついには消えるのがわかるでしょう。

 7. 今の感情の強さを1から10で計ってみる。数値が減っていたら、あなたのやり方は正しいです。
   ゼロになるまでやってみて下さい。

 このテクニックに効果がある理由

A. クヮンタム・フィジックスによると、同じスペースを二つのものが同時に占拠することはできない。一つの感情があって、それをさらに増量しようとすると、二つのものはお互いを帳消しにすべく働き、消滅する。

B. 無抵抗の法則。感情が強まるのをなるがままにしている間というのは、それに抵抗していないということだから、感情は湧き上がり、過ぎ去って、自ら消えてゆく。


 クヮンタム・フィジックスにほの字の私としては、その見地から説明されるとストーンと納得してしまう。無抵抗というのは、瞑想でする内観と同じ原理だ。
 ただ、私の場合は荒療治が嫌いじゃないので、ネガティヴな感情を自分でわざわざ強めるというこのテクニックはかなり使えるが、向いてない人もいるかも知れない。まぁ一度お試しを。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お元気かしら?ネガティヴな感情がでてくるのはしかないことだけど、それをどう対処してくかよね、私の場合は、祈りでネガティヴな感情の時間を短くしていけるようにしているわ、ことによったらむずかしいいわよ、、もうひとはカビさんの書いていた、ツボね、私は指圧を学んでもいたりもするので、指圧はいろいろな症状に使えるのでとても便利、、
Masu
2011/02/16 17:22
ネガティヴな感情とのつき合い方はいろいろありますが、いずれも基本は抵抗しないことですね。
「どんな感情も自分の一部なので、それを嫌悪するのは自分を嫌悪することになってしまう」とE・トールも書いてたけど、納得できました。
カラビ
2011/02/17 13:01
私もネガティブな感情は嫌いじゃないですね。
感情そのものが悪いというより、その感情を使って自他を傷つけようと企てることの方が悪のように思います。

そして、ネガティブな感情は否応なしに思考を促します。
それはある意味で教師の役割を果たしているとさえ感じています。
真奈
2011/02/20 22:39
>真奈さん
>ネガティブな感情は否応なしに思考を促します。
そう思います。
本当の自分を知るには「自分ではないもの」を体験することが必要ですから、自己否定も意味のないことではないんですね。要はそれとのつき合い方です。
カラビ
2011/02/21 07:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
使える感情解放テクニック 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる