伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS Photogenic City

<<   作成日時 : 2011/06/26 16:03   >>

トラックバック 0 / コメント 7

  ニューヨークはあらゆる国の料理が食べられる楽しみがある。逆にニューヨークにない料理ってなんだろう。例えばイラク料理なんていうのも、ともすればありそうな気がする。北朝鮮料理は?コリアン・タウンで探したら見つかったりして 最近私が気に入っているのはエチオピア料理で、今日もむしょうに食べたくなりダウンタウンまで出向いた。

画像

 贔屓のエチオピア料理屋はイースト6丁目にある。この通りはインド料理屋がズラーっと軒を並べているため Indian Street と呼ばれている。店先の看板を見ると、値段はほぼどこも同じ。「どのレストランに入っても味は同じだよ。だってキッチンが地下でつながっているから」というジョークがある。
 ディナータイムになるとシタールの生演奏が入る店も多い。ラーガの音色が流れる通りのインド料理屋に挟まれたエチオピアン・レストランAWASH、アッパー・ウェストサイドに同じ名前の店があるので聞いたら姉妹店だった。

画像

 何が好きってインジェラという酸味のある薄いパンケーキ(写真左上)、エチオピアの主食みたいなものかな。一度食べたらハマってしまった!エチオピア名産のハニー・ワインと絶妙に合う。今日のディッシュは野菜つけあわせコンボ、ちなみに下にひいてあるのもインジェラ。大食漢の私のこと、もちろん全部きれいに平らげましたよ。ご馳走さま〜





画像

 ハッピーな気分でぶらりぶらりと、ブロード・ウェイを14丁目ユニオン・スクエアに行った。朝から曇り空だったのが晴れ、人が沢山出ていた。あちこちで大道芸やらパフォーマンスが繰り広げられていた。こういうシーンを見ると、なんだかんだ言ってもニューヨークは活気があるな、と思う。
 いろいろ見物し、またぶらりとユニオン・スクエアの北側にある本屋Barnes&Nobleへ向かった。夏至を過ぎたばかりの日も、ようやく斜めに射す時間になっていた。オレンジ味の強い光がストリートの喧騒を照らす。いつも感心するのだが、ニューヨークって写真に撮るとものスゴくカッコよく見える。フォトジェニックな街なんだな。森 有正がどこかで、パリは街としてとても性的だと言っていたのを記憶している。(対して東京は非性的だとコメントしていたが、言わんとしていることはわかる気がする) 街に性別があるとすれば、私はパリは女性という感じがする。対してニューヨークは男性だ。性的なアピールも男性のそれという印象を受ける。

画像








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
NYの日常風景楽しませてもらいました。昔行った時のことを思い出しました。
インジェラというのはナンみたいなものですかね。
ハニーワインとは貴腐ワインみたいに甘いのかな?
しー
2011/06/27 15:07
私は、まだNYに行ったことがないけど、機会があったら遊ぶにいくわね、、
いろいろな大道芸はク一ダムのヨ一ロッパセンタ一の前で踊っているわよ、、
ベルリンもカラビンカさんが知っている時期よりも活気があるかもね、、
だいぶ変わったわよ、、
Masu
2011/06/27 16:09
>しーさん
インジェラはナンよりしっとりしていますね。酸味の塩梅が実にいいです。
ハニーワインはエチオピア人のリクエストで、NYのどっかのワイナリーが作ったらしいです。ほんのり蜂蜜味がして、エチオピア料理には欠かせません。

>MASUちゃん
うん、遊びに来てよ!オイローパ・センター、カイザー・ヴィルヘルム教会の前ですね。世界不況と言われる時世に、活気があるのはいいことですよ。
カラビ
2011/06/28 08:57
おお、結構なボリュームがあるお料理ですね。
エチオピアとかエジプトとかのお料理、私も好きです。
食べてみたいなー。

私の住まう場所は御存じのとおり超田舎なので、私は「あ、これ食べたい」と思う外国のお料理は、本で探すかネットでレシピを探し出して作っています。
だから私を含め、私の家族は「本場の味は知らないけど・・・」という感じで、いろんな国の料理を口にしております。
食文化って面白いですよね。
国は違っていも、緯度経度とか気候が似通っていると、食べ方や使うスパイスも似ていて、「あー、こうやって世界は繋がってるんだな」という事を感じさせてくれます。
ニューヨークや東京にいたら、それをもっと身近に濃厚に感じられるのでしょうね。羨ましいです。


そしてこの写真の世界の中でカーラビンカさんが日常を過ごしていると思うと、田んぼから吹き付ける風を受けてパソコンを開いている私は、とてもドキドキします。
真奈
2011/06/30 13:24
真奈さん、こんにちは。
松江は日本で最も洗練されたたたずまいのある街の一つだと思いますよ。松江の方は慎み深いので「こんな田舎」と仰いますがどうしてどうして、日本屈指の観光地(比べてうちの実家なんか、まるで過疎地ですわい...)
そうそう、ベーグルね、あまり詳しくないんですが、私は生地に密度のあるのが好きかな。トーストした時に美味しい気がします。
カラビ
2011/07/01 10:28
私も、シェラ・ネバダのふもとから、PCをあけて、NYの風景が見られるのを楽しみにしておりますよ。

う〜ん、東京は非性的〜というのは、とっても共感できる。

カラビさんは 世界一 寛大で、ふところのでっかい男性の街で 生きているんだね。ますます、NYへの憧れは募るばかりですわ。

私もベーグルはトーストが好きです!
夫は変な顔しますが、クリームチーズにメープルシロップ。ですね。

インジェラ、食べてみたい!!!
にしゆみ
2011/07/03 13:06
にしゆみさん、いつもコメントありがとう。
NYの男性的な感じというのは、まぁ「よくも悪くも」というのはありますけどね。でもNYはとても好きです。
ベーグルはピンキリで、美味しいのに当たるとけっこうハマります。
こちらにお越しの際は、是非エチオピア料理食べに行きましょう
カラビ
2011/07/03 23:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
Photogenic City 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる