伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS Es war einmal an Weihnachten

<<   作成日時 : 2011/12/25 13:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

  今年は寒さも穏やかなままクリスマスになった。イヴの夕食会に出かける車の窓から、イルミネーションきらめくマンハッタンが微笑むように映っていた。

 ベルリンで、クリスマスの夜にクーダムを歩いたことがあった。11時過ぎていた。別にあてがあったわけじゃない。友人はみんな家族のいるところへ帰っていて、わたしはひとりだった。イルミネーションのあるところへ行けば、少しは気が紛れるかと思ったのだろう。
 ベルリン一の銀座通りは軒並シャッターが下り、いつもショウ・ケースに並んで立つ街娼たちもいなかった。見る者もないイルミネーションは、沁みるように寂しく灯っていた。カイザー・ヴィルヘルム教会からアデナウアー・プラッツを通り過ぎた。寒さで顔の皮膚感覚が鈍くなり、それと一緒に気持ちも麻痺してきた。
「人間はひとりで生まれてきて、ひとりで死んでゆくんだ」
 わたしは実に冷静にそう思った。個人の孤独を超え、絶対の孤独を思い知った気がした瞬間だった。今夜ベルリンにひとりでいるわたし、バイエルンの実家でクリスマスを過ごしているA、日本へ帰っているB、とどのつまりみんな同じだ。みんな絶対の孤独の上に生きていて、そこから逃れることはできないのだと思った。
 思いつめて息苦しく刹那にきらめいて、世界は全然ちがって見えていたあの頃の自分に道で出会ったら、わたしは何て言うだろう。それでも、人生に不真面目ではなかった、と抱擁しようか。

  Es war einmal an Weihnachten in Berlin. 昔々ベルリンで、そんなクリスマスもあったな、と。

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カラビさん、そのな事があったのはしらなかったわ、でも、私はいつも思うことがあるのよ、昔があって今があるの、と、、ね
今のベルリンはその頃よりも、ク一ダムのイルミネ一ションが増えたような気がするわ、私は現在アデナウアー・プラッツの近くに住んでいるけど、すごく綺麗よ、
今の時期、寂しい人達もいるかもしれないけど、何か美しい物を見て、幸せに感じるとか、偶然どこかでやさしい人を出会って感動してほしいわ。
Masu
2011/12/27 06:26
クリスマスは過ぎましたが、わたくしからのハグをお受け取りください<(_ _)>
真奈
2011/12/27 13:25
>MASUちゃん
>昔があって今があるの
そう、まさにそれを言いたかったんです!(ちょい暗めの文に読めるかもだけど)
ありぁあベルリンで初めてのクリスマスでした。今思うと、よくあんなしょっちゅういろんなことで悩んでたなー。まぁ若かったからね。みんないい経験ですわ。

>どこかでやさしい人を出会って
本当にそう思うし、自分もそういう人になれたらいいよね。
カラビ
2011/12/27 13:46
>真奈さん
女神のハグ、しっかり受けとめさせていただきました
カラビ
2011/12/27 13:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
Es war einmal an Weihnachten 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる