伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS じ〜んと好きだ、アンパンマン!

<<   作成日時 : 2013/03/19 10:41   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
  子供に大人気のアンパンマンの作者がやなせ・たかしと知った時、「へぇ、そんなのも描いてるんだ」と思った。その昔、「詩とメルヘン」という月刊誌があって、その編集長の名前がひらがなで"やなせ・たかし”だったので憶えていた。
画像

 「詩とメルヘン」に出会ったのは、小学校5年生あたりだった。ある日、家のテーブルに何冊が置いてあったのを手にとり、公募して選ばれた詩や創作ストーリーについている美しいイラストを見て、ひと目で気に入ってしまった。母の妹である叔母が、読んだものを私にと母に渡したそうだった。
 「詩とメルヘン」の表紙は、やなせ氏のイラストだった。中学校に入る頃に購読をはじめ、高校になるまで毎月読んでいた。いつかイラストつきの詩を書いて投稿したいとぼんやり思ってたこともある。
 出会いのきっかけもあり、「詩とメルヘン」は清楚で綺麗だった叔母のイメージに重なるように思えた。彼女は私がこちらへ来た年の春に亡くなった。気がつけば、私はもう叔母の年をこえている。「詩とメルヘン」も今はもうない。




 先日、はじめて「それいけ!アンパンマン」を読んだ。手に入れたのが古本で、開いたとたん、むしょうに懐かしい匂いがした。それは叔母からもらった「詩とメルヘン」を開いた時と同じ匂いだった。あの頃、すでにやなせ氏はアンパンマンを描いていたのだが、私は知る由もなかった。ひらがな・カタカナだけの文章で、あとがきがついている。


 アンパンマンはじぶんのかおをたべさせることによって、いろんなひとをたすけます。
 そのとき、アンパンマンはなくなりますが、アンパンマンのいのちは、たべさせることによっていきるのです。 
 だから、アンパンマンはなんどでもいきかえってきます。


...そうだったのか、アンパンマン。なんだか、大切なメッセージもらった気がする。不慮の死であった叔母を、私たち生きる者らによって、いのちつなげることができるかも知れない。こればかりはどうにもならない、これがどんづまりだ、と思ってた話でも、続編は作れるのだと最近思いはじめていたのと呼応する。

 「せかいじゅうで おなかのすいた こどもたちが ぼくの くるのを まっています。
  ぼくは すぐ しゅっぱつします。それいけ!アンパンマン!」

 アンパンマンだいすきのみんな、きょうから わたしも なかまだよー! 


画像

 





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
アンパンマンの歌も非常に深いですよね。
震災後、被災地からのラジオリクエストが多かったようですが解ります。

うちの姪も、まんま、わんわんに並び、アンパンマンが大好きです。

あんまん、まんまんと言って喜びます。
真奈
2013/03/19 12:37
真奈さん、こんにちは。
子供がアンパンマン好きだというのは、私たちに与えられた希望ですね。大人になっていろいろ経験していくうち、子供時分のことを忘れてしまう時があるかも知れない。でも、アンパンマンは君が困った時は助けに来てくれるよ。そうしてアンパンマンは君と共に復活するんだ!と教えてあげたいなぁ
カラビ
2013/03/20 10:19
アンパンマンは日本のみならず、世界の子供のヒーローですよね。
きっと心のどこかにずっと住んでいて、大きくなったときふと思い出して心をあたためてくれる存在だと思います。

それにしても「詩とメルヘン」懐かしいです。
私も当時買っていましたよ。
真奈
2013/03/20 11:13
お〜、真奈さんも詩とメルヘン読者でしたか!またまた共通の話題が増えてうれしいですぅ 
詩とメルヘンで読んだ詩や短編で、今でも思い出すものいつくかあります。私にとってあれはつかの間の異世界でした。
カラビ
2013/03/20 13:32
カーラビンカさんの底辺にやなせさんがいたように、実はわたしもたぶん保育園ぐらいのころのうる覚えで大好きだった絵本があったのです。娘の通っていた学校で偶然に目にして、記憶をゆさぶられて 即、買いました。それは やなせたかし さんの やさしいライオン です。
詩とメルヘン。たぶんどこかで、目にしてると思います。なつかしいもん。
お腹をすかせた子どもを救えなくて、なにがヒーローだ。 と、何かのインタビューでやなせさんは語ってますね。
にしゆみ
2013/04/10 01:52
にしゆみさん、コメントありがとう御座います。
「やさしいライオン」聞いたことありますよ。読んでみたいなぁ。
やなせ氏は自分の食べ物が不足していた子供時代の経験からアンパンマンが生まれたとも言ってましたね。一見強そうじゃないけど、誰よりも助けになるアンパンマンです!
カラビ
2013/04/10 09:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
じ〜んと好きだ、アンパンマン! 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる