伽羅創記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな町の秋祭り

<<   作成日時 : 2016/11/13 06:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

  先週、町の秋祭りが催された。いつもは静かな町のそこかしこで、山車から奏でられるお囃子が鳴り響いた。駅前通りを、四つの山車が順番に引かれて行く。素晴らしく明るい午後の空に、それぞれの町内の衣装がよく映えていた。


画像


 鼻筋に白くおしろいをひいた子供が太鼓を叩くのは、いつ見てもかわいらしい。この日のために、みんな夜に各町内の会館へ集ってお囃子の練習をしてたんだものね。髪を結って精いっぱいお洒落している女の子たち、大人にまじって山車を引く男の子たち、みんな誇らしげだ。









画像 


 駅前に集まった四町の山車、お囃子の競い合い。気性の荒い人が揃っているといわれるうちの上町は、お囃子のテンポがとび抜けて速い。さぁ、みんな腕の見せどころ!











画像

 八幡神社から御神馬(ごじんば)が町を廻る。お清めの塩をまき、天狗も闊歩していた。実は、私は御神馬行列を見たのは今回はじめてだった。父は子供の頃、馬の上に乗る役をやったことがあると言ってた。見られるのが恥ずかしくて、ずっと下を向いていたらしい。
 出店は、私の子供時分にはなかったクレープやフライドチキンの屋台をけっこう見かけた。トルコ人(だと思う)の売るシシカバブなんてのもあった。この点は、時代も変わったものだと思ってしまう。















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さな町の秋祭り 伽羅創記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる